生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

メイン

19 田邉(田辺)朔郎の子孫田邉康雄 工部大学校 アーカイブ

2008年03月03日

工部大学校(東大工学部)(4)――ダイアーと田邉朔郎

 工部大学校の教頭ダイアーは、成績抜群であるばかりでなく、独創力のある田邉朔郎を大変可愛がりました。朔郎もダイアーを大変尊敬していました。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年03月03日 21:44 | | コメント (0)

2008年04月22日

工部大学校(東大工学部)(1)――岩倉使節団の大成果

 明治4 (1871) 年に岩倉具視を団長とする訪米使節団が横浜を出発しました。徳川幕府時代にペリー率いる黒船の力によって無理やり締結させられた不平等条約の改正のためでした。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年04月22日 21:23 | | コメント (0)

2008年04月23日

工部大学校(東大工学部)(2)――3Kに挑んだ武士の子

 工部大学校の学生のほぼ100%が武士の子でした。武士の中でも、幕臣を中心とする武士の子でした。戦いに敗れた反新政府側の武士の子孫は、この道しかなかったものでしょう。祖父田邉朔郎がその典型です。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年04月23日 06:21 | | コメント (0)

工部大学校(東大工学部)(3)――英語で工学を学ぶ幕臣

 工部大学校の専門科目の授業は英語で行われました。
 このことに関しては、拙著:「生涯現役エンジニア」http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=31832743」の17ページ5行目に記載しました。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年04月23日 06:29 | | コメント (0)

工部大学校(東大工学部)(4)――ダイアーと田邉朔郎

 工部大学校の教頭ダイアーは、成績抜群であるばかりでなく、独創力のある田邉朔郎を大変可愛がりました。田邉朔郎もダイアーを大変尊敬していました。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年04月23日 14:35 | | コメント (0)

2008年04月24日

工部大学校(東大工学部)(5)――田邉朔郎と琵琶湖疏水

「3Kに挑んだ武士の子」の項で紹介したように、田邉朔郎も6年生の1年間測量実習にでました。エンジニアが自分自ら手を下して実地測量するなどは、ヨーロッパでは考えられないことでした。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年04月24日 10:36 | | コメント (0)

2008年04月26日

工部大学校(東大工学部)(6)――土木同窓会の田辺賞

 前回琵琶湖疏水に関する田邉朔郎の卒業論文が、実際に琵琶湖疏水として実現したことを紹介しました。琵琶湖疎水は完成後107年経た今も、京都市飲料水の100%を供給している文字通りの生命線です。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年04月26日 06:32 | | コメント (0)

2008年04月27日

工部大学校(東大工学部)(7)―若年工学博士、田邉朔郎

 現在、工学博士を取得しても、そのことだけでは生涯現役エンジニアはやれません。「靴の裏についた飯粒」と皮肉を込めた批判がされています。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年04月27日 15:24 | | コメント (0)

2008年04月28日

工部大学校(東大工学部)(8)―生涯現役の祖父田邉朔郎

 工部大学校の卒業生の多くは、エンジニアとして生涯現役でした。祖父田邉朔郎も同様です。

 

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年04月28日 14:18 | | コメント (0)

2015年06月18日

<岩倉使節団伊藤博文による工部大学校(東大工学部前身)設立> ~明治日本の産業近代化を支えた工学の導入~

これは一昨日(2015年6月16日)、琵琶湖疏水の田邉朔朗に関する講演を打ちました。その時持っていた原稿を開示申し上げます。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2015年06月18日 12:55 | | コメント (0)

このページの上へ

youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読