生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

メイン

11 わが国エンジニア教育史 原点は沼津兵学校 アーカイブ

2008年02月18日

わが国エンジニア教育史――身内事例のユニークな史観

 私の史観は、いわゆる歴史教科書から学んだものではありません。ユニークな史観です。一般的ではない偏見に満ちた史観であることは自覚しています。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年02月18日 11:20 | | コメント (0)

2008年02月19日

五稜郭の指揮者―榎本(司令)/大鳥(陸将)/荒井(海将)

「函館五稜郭戦争が、わが国エンジニア教育の原点。――」
と、私は思っています。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年02月19日 09:05 | | コメント (0)

2008年02月20日

 歴史定説にはありませんが、わが国のエンジニア教育の嚆矢(「かぶら矢」の事)は徳川家沼津兵学校です。以下、幕臣の子孫として幕府側の描写をお許しください。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年02月20日 08:35 | | コメント (0)

2008年02月27日

徳川家沼津兵学校(2)――憤懣やる方ない幕府軍

 静岡で与えられた石高は70万石でした。これでは全幕臣の生活はできません。幕臣の憤懣やるかたなく、薩長軍に対する復習の念に燃えたでしょう。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年02月27日 20:55 | | コメント (0)

2008年02月28日

徳川家沼津兵学校(3)――田辺コンサルタントとの関係

 田辺コンサルタントの祖父、幕臣(石斎)田邉朔郎は徳川家沼津兵学校付属小学校の卒業生です。そして田邉朔郎の叔父、幕臣外国奉行支配組頭(蓮舟)田邉太一は徳川家沼津兵学校の一等教授(5名)の一人となって参加しました。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年02月28日 21:25 | | コメント (0)

2008年03月01日

工部大学校(東大工学部)(1)――岩倉使節団の大成果

 明治4 (1871) 年に岩倉具視を団長とする訪米使節団が横浜を出発しました。徳川幕府時代にペリー率いる黒船の力によって無理やり締結させられた不平等条約の改正のためでした。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年03月01日 09:14 | | コメント (0)

工部大学校(東大工学部)(2)――3Kに挑んだ武士の子

 グラスゴー大学から工部大学校へ赴任してきた多数の先生のトップは25歳のヘンリー・ダイアーでした。授業はすべて英語で行われました。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年03月01日 18:03 | | コメント (0)

2008年03月03日

工部大学校(東大工学部)(3)――英語で工学を学ぶ幕臣

「授業は全部英語だった」
 と、前回述べました。このことに関しては、拙著:「生涯現役エンジニア」の17ページ5行目に記載しました。この本に関しては、次のURLを開いてみてください。http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=31832743

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年03月03日 10:03 | | コメント (0)

2008年03月06日

工部大学校(東大工学部)(5)――田邉朔郎と琵琶湖疏水

「3Kに挑んだ武士の子」の項で紹介したように、田邉朔郎も6年生の1年間測量実習にでました。エンジニアが自分自ら手を下して実地測量するなどは、ヨーロッパでは考えられないことでした。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年03月06日 18:27 | | コメント (0)

2008年03月07日

工部大学校(東大工学部)(6)――土木同窓会の田辺賞

 前回琵琶湖疏水に関する田邉朔郎の卒業論文が、実際に琵琶湖疏水として実現したことを紹介しました。107年経た今も、京都市飲料水の100%を供給している文字通りの生命線です。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年03月07日 21:26 | | コメント (0)

2011年11月09日

田辺(田邉)太一蓮舟のつぶやき 翁の著書:幕末外交談から(2-25)

前ブログからつづきます。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2011年11月09日 07:01 | | コメント (0)

このページの上へ

youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読