生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

メイン

08 エンジニアとは? エンジンを発明する人 アーカイブ

2007年12月21日

エンジンを作る人 ―― ワット

 さて前回までに「生涯現役」を説明しました。今回からはエンジニアです。

 エンジニアとは、エンジンを作る人という意味です。英国で発行されたウエブスター辞書にはこのように書いてあります。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2007年12月21日 17:44 | | コメント (0)

2007年12月29日

エンジニアと自然法則(1) ―― エネルギー保存則

 エンジンは熱からメカニカル(機械的な)エネルギーを取り出す「仕掛」ですから、エンジンを作るにはこの「仕掛」の原理を理解しなければエンジニアはやれません。

 

投稿者: 田邉康雄 日時: 2007年12月29日 18:36 | | コメント (0)

エンジニアと自然法則(2) ―― エントロピー増大則

 前述の通り、エンジンは熱からメカニカル(機械的な)エネルギーを取り出す「仕掛け」すから、エンジンを作るにはこの「仕掛け」原理を理解しなければエンジニアはやれません。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2007年12月29日 19:23 | | コメント (0)

2007年12月31日

エンジニアと自然法則(3) ―― エントロピー増大則

 前回、熱の「全部」を機械的エネルギーとして取り出すことはできない。なぜならば、熱力学第二法則(エントロピー増大の法則)があるからと言いました。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2007年12月31日 09:48 | | コメント (0)

2008年01月12日

エンジニアとサイエンティスト(1)

 自然法則を発見する人のことをサイエンティストと呼びます。ここではサイエンティストとエンジニアとの差を説明します。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年01月12日 09:19 | | コメント (0)

2008年01月15日

エンジニアと技能者(テクニシャン)

「もの作りの技術」を職業とする人を技術者といいます。これはすでに説明しました。テクノロジーを職業としますから、テクノロジストとも言います。このテクノロジストには大別して2種類の人がいます。エンジニアとテクニシャン(技能者)です。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年01月15日 09:41 | | コメント (0)

2008年02月17日

エンジニアとサイエンティスト(2)

 前回エンジニアとテクニシャンが「もの作りの技術」車両の両輪であることを述べました。同じようにエンジニアとサイエンティストは「もの発明」車両の両輪です。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年02月17日 07:33 | | コメント (0)

このページの上へ

youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読