生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

メイン

09 生涯現役とは? 命つきるまで社会貢献すること アーカイブ

2007年12月15日

命尽きるまで社会に貢献する。

 前回、「生涯現役エンジニア」は、「生涯現役」と「エンジニア」からなっていることを紹介しました。今回は、「生涯現役」を解説します。生涯現役とは、命つきるまで社会に貢献し続けることです。お世話になった社会に恩返しをすることです。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2007年12月15日 21:31 | | コメント (0)

2007年12月16日

他人に迷惑を掛けない。―― これが第一段階。

 前回、高齢者(老人)の社会貢献には5段階があることを説明しました。その段階の入口はここです。他人に迷惑をかけないことです。私の家内の父親は晩年いわゆる「ボケ」に罹りました。今では「ボケ」という表現は禁止されています。代わって「認知症」です。

 

投稿者: 田邉康雄 日時: 2007年12月16日 10:23 | | コメント (0)

PPKをなしとげよう。 ―― これが第二段階。

 前回「認知症」にならない貢献を説明しました。今回はさらに積極的な貢献です。御恩のある社会にできるだけ負担をかけないという貢献です。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2007年12月16日 10:48 | | コメント (0)

無償で社会奉仕しよう。 ―― これが第三段階。

 前回はPPKによる社会貢献(第二段階)を説きました。そのために健康管理が重要であることを説きました。今回はさらに積極的な貢献です。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2007年12月16日 10:59 | | コメント (0)

立派に収入を上げよう。 ―― これが第四段階。

 前回は「マイナスをしない貢献」から一歩進んでプラスをする貢献(第一段階と第二段階)を紹介しました。今回はそのプラスをさらに大きくする貢献を紹介します。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2007年12月16日 11:29 | | コメント (0)

2007年12月19日

後進者の育成をしよう。 ―― これが第五段階。

 前回は立派に収入を上げる貢献を説明しました。最終段階は、自己超越です。これまでお世話になった社会に対して無償で御恩返しをすることです。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2007年12月19日 12:06 | | コメント (0)

2008年02月18日

エンジニアの日本語? ―― 適訳がない。

 前回までにエンジニアとサイエンティスト、エンジニアとテクニシャンをはっきりさせてきました。サイエンティストの日本語は科学者です。テクニシャンの日本語は技能者です。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2008年02月18日 09:21 | | コメント (0)

2016年08月22日

三菱化学定年退職後の「生涯現役エンジニア」活動報告(3)「生涯現役エンジニア」

3回前に予告したように、60歳定年退職後、今日(80歳)に至るまでの活動をまとめました。今回は「生涯現役エンジニア」です。今回はこれを紹介します。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2016年08月22日 18:06 | | コメント (0)

2016年08月25日

★生涯現役エンジニアになろう!:セミナー

これは新技術開発センター定番の講座です。2009年3月17日に第一回を東京で開催してから早くも9年が経過し、累積受講者数は約300名になりました。今回は第33回(東京)と、第34回(大阪)です。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2016年08月25日 13:18 | | コメント (0)

このページの上へ

youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読