生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« <新嘗祭> 平成30年(皇紀2678、西暦2018)年11月23日) | メイン

京都の「没落」危機を救った「薩長」の「琵琶湖疏水」建設リーダー、北垣国道(知事)を曾孫田邉康雄が京都府150年式典で語る(続)

京都府開府150年式典の様子を、最近7連載(2018年10月14日~25日)で紹介しました。第三代京都府知事北垣国道が,彼の「後半人生」(30年間)を注ぎ込んだ「琵琶湖疏水建設」を語ったものでした。

―― その最終回(第7回目)において、(徳川将軍家「旗本子孫の会」が発行する)「雑誌『柳営(31号)』への『特別寄稿』論文によって全貌を詳述する」としました。そして「31号」は予定通り発行されました(平成30年11月20日)。

 -◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
―― 江戸生まれの祖父(じいさん)
私の家は、「晩婚」家系なので祖父が江戸時代末期(幕末)生まれです。祖父は、六歳で上野彰義隊の戦いを経験しました。

―― 身近な江戸時代
私は六歳の時、この祖父に「頭」を撫でてもらいました。「いい子だ。よく来た」と。江戸を知っている人間に「頭」を撫でてもらったものです。ですから、撫でてもらった「頭」の上部を大切にしています。

―― 「幕末~現在」連続歴史観
こんな家庭環境で育った私の「頭」の内部には幕末から現在に掛けて「一本の糸でつながった歴史」が詰まっています。

-◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
どうかファイルを開けてみてください。


-〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇
このホームページを御覧になって雑誌『柳営』の拙著「特別寄稿」に御興味を持たれた方へ。

ホームページのトップページ右上に記載した電話番号にお電話をいただき、御興味の「巾」と「深さ」を確認させていただき、かつ、当方が納得行けばPDFファイル(9.6MB)をメールで差し上げます。
-〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

投稿者: 田邉康雄 日時: 2018年11月26日 12:04 |

« 前の記事 |

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読