生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« ★「三分野統合」ISOMSと、その「自己宣言」のコンサルティング説明会(5) | メイン | 産経新聞による、「定説を超えた『琵琶湖疏水』紹介記事」~ 京都市上下水道局による復活通船下り »

★「三分野統合」ISOMSと、その「自己宣言」のコンサルティング説明会(1)

これは「説明会」の案内です。

すでに発行されている、ISO9001(品質)とISO14001(環境)の改定版に加えてISO45001(安全)が今月(2018年3月)の13日に新規発行されました。
パチンコに喩えると、従来ISOMSのリニューアル新装開店の上に、多くの「愛好者」が待ち焦がれていたISOMS新店が、近くにオープンしたようなものです。
これにより、ISOマネジメントシステム(ISOMS)の「トリオ」が出そろいました。品質、環境、安全の各マネジメントシステムを別々に進める時代は終わりました。

―― 私のISOMSコンサル実績
1)今から20年も前に、日本合成化学工業株式会社の「三分野統合」マネジメントシステムを成功させました。この内容は現在でも斬新です。いや、改定・新設された「トリオ」があるからこそ、斬新さの「光り」が増して見えます。なぜなら、今回の規格改定内容を20年も先取したのですから。
本件に関しては、片山剛監修/田邉康雄編著『全員参加のISOマネジメントシステム~社長に役立つ経営手法の実践例』(2001年日本規格協会発行)で御確認ください。なお片山剛様は、これを推進された当時の、日本合成社長です。これに加えて、――。

2)昨年(2017年)、東洋アルミニウム株式会社のISO45001(安全)適合「自己宣言」を成功させました。箔事業本部化工品ビジネスユニット、山本政史ビジネスユニット長が推進されました。
本件に関しては、同社ホームページの自己宣言で御確認ください。URLは以下の通りです。
http://www.toyal.co.jp/company/safety.html

次回(2)につづきます。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2018年04月24日 11:34 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読