生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 琵琶湖疏水下り(9):明治維新による京都の危機(衰退)、それを救った薩長の琵琶湖疏水 | メイン | 琵琶湖疏水下り(11):明治維新による京都の危機(衰退)、それを救った薩長の琵琶湖疏水 »

琵琶湖疏水下り(10):明治維新による京都の危機(衰退)、それを救った薩長の琵琶湖疏水

京都市上下水道局が『琵琶湖疏水下り(通船)』を復活し、来る3月29日から運行開始します。以下のURLを見てください。https://biwakososui.jp/biwakososui/ 
これに因んで琵琶湖疏水を説明します。タイトルは以下の通りです。

主タイトル:明治維新による京都の危機、それを救った薩長の琵琶湖疏水
副タイトル:「恩讐の彼方へ」協力した徳川幕臣たち ~ 明治維新150周年に当って明治維新に関係した薩長/幕臣両者子孫の回想と将来展望

311.
312. 〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●
313. ⅩⅩⅩ <さて、ここまで話してきた北垣国道とは何者か?>
314.     1)誇り高い但馬の地侍 ⇔ 開化天皇の末裔 
315.     2)秀吉は武士扱いしたが、家康は農民に格下げした。
316.     3)これにより、徳川幕府に対する恨み(ルサンチマン)を代々抱いていた。
317.      「徳川幕府を倒して武士に戻りたい」と。
318.    参考:哲学者ニーチェの用語では、強者に対し仕返しを欲して鬱結した、弱者の心。
319. 〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇
320. ⅩⅩⅩⅠ <国道のルサンチマン軌跡>
321.    1)若くして倒幕の志 ⇔ 農民兵の育成(名目:京都の北海岸の防衛。幕府山岡鉄舟の了解取った)
322.    2)長州へ飛び、「(八月十八日政変)七卿落ち」の三条実美会い、澤宣義を生野に迎える。
323.   「生野の変」を首謀 ⇒ 失敗 ⇒ 道を左に逃げて鳥取へ(右へ逃げた平野國臣は捕縛されて斬首) 
324.     ⇒ 変名(八木良造)⇒ 鳥取藩士、千葉重太郎と親交を結ぶ。
325.     ⇒ 江戸千葉道場(坂本龍馬と親交を結ぶ) ⇒ 千葉重太郎と水戸「天狗党の乱」収拾に奔走。
326.     ⇒ 幕府のお尋ね者 ⇒ 再度変名(柴捨蔵)⇒ 長州奇兵隊(山縣有朋、伊藤博文、井上馨)
327.
328.     ⇒ 幕府軍(第二次征長)に勝ったにも拘らず武士になれない。⇒ 鳥取藩 ⇒ 京都
329.     ⇒ 京都にいる時に「鳥羽街道の戦い」勃発 ⇒ 鳥取藩は、長州軍指揮下に入る 
330.     ⇒ 山陰道鎮撫(西園寺公望総督)⇒ 京都 ⇒ 北国鎮撫(西園寺公望総督、黒田清隆参謀)
331.     ⇒ 会津越後口戦争 ⇒ 凱旋(江戸、京都、鳥取)⇒ 鳥取藩士(念願成就/明治)
332.     ⇒ 廃藩置県(武士身分解消)⇒ 国道の心境(「何をやっていたのか?」)
333.      「家名再興、武士の身分に返り咲きたいがために、倒幕の志をもっていたのではないか?」と。
334. 〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●
335. ⅩⅩⅩⅡ <国道の倒幕志士時代の佩刀~生野書院(「生野の変」記念館)展示中(寄託者:田邉康雄)>
336.
337. 〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●〇●
338. ⅩⅩⅩⅢ <2017(平成29)年6月27日(火曜日) 夕刊読売新聞(大阪本社)~ 田邊康雄が語る>

次回(11)に続きます。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2018年03月17日 15:37 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読