生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« ISOMS、自己宣言、コンサルタント ― 回顧と反省 ― (21)  | メイン | ISOMS、自己宣言、コンサルタント ― 回顧と反省 ― (23) »

ISOMS、自己宣言、コンサルタント ― 回顧と反省 ― (22)

エンジニア田邉康雄が、ISOMSの世界に入り、ISOMS認証ビジネス」に批判的になり、適合実証のための自己宣言をコンサルタントするに至った経緯を回顧しています。なおここでISOMSとは、ISO9001、ISO14001、ISO45001(現在DIS2)等のISOマネジメントシステムを指しています。

前回(21回)から続きます。前回は、プロジェクト協力者の中で最も重要であるは、化学的物理的試験(受託)部門だったと書きました。

―― 大学生時代
化学反応を用いた「化学分析」に関する実習は十分に受けていました。そして研究室に配属された後は与えられた自分の研究に関する「化学分析」は自分で実施していました。ですから、「分析は自分でするもの」と考えていました。

―― 入社して驚いた。
ところが、入社してみると研究開発に必要な化学分析を自分で実施する必要はなく、化学分析受託部門に依頼伝票と共にサンプルを提出し、結果を文書でもらえました。大いに助かりました。

―― 分析受託部門
これは、技術開発部門から独立しており、かつ、大学よりははるかに高レベルでした。思い出すままに羅列すると、ガスクロマトグラフィー、マススペクトル、ガスマス、X線回折、蛍光X線、示差熱分析、核磁気共鳴、走査電子顕微鏡、高速液クロマトグラフィー、電気泳動、などなどが並んでいました。小さな機器は数え切れません。

―― 機器分析の勉強
私は積極的に、分析受託部門の立派な建屋(雑然とした開発部門に比べて空調の効いた清潔な環境でした)を訪問して自分が依頼したサンプルの分析状況を見学し、ときには、実習をさせてもらい、分析機器に親しみました。繰り返しますが、システムとして大学よりもはるかに進歩していました。

―― 受託分析部門との協力
これは予想外の効果をだしました。分析機器の原理・構造を知って自分の担当する研究開発プロジェクトの推進に効果的に役立てるだけでなく、分析担当者と親しくなったことでした。
困った現象に遭遇した際、化学分析部門に相談すると大概の場合は、分析方法を提案してくれて、回答を出してくれました。このことは、分析部門としても成果を上げたことになりました。すると分析部門の長から「田辺は化学分析部門の使い方が上手い」と褒められました。

―― 週報の効果
関係他部門に週報を回してプロジェクトの進捗状況を報告しました。困っている問題点を包み隠さず開示しました。すると、他部門の人も一緒に「考えて」くれました。即ち、「ひとり、一人が考える」状況をプロジェクト内部だけではなく、プロジェクト外部のひともやってくれるようになったのです。

32年間で担当したプロジェクトは中央研究所で1件、黒崎工場技術開発部門で5件、水島工場技術開発部門で2件、製造部門で1件、本社事業部で2件、四日市工場技術開発部門で1件、本社事業開発室で3件、以上合計18件でした。 
内、6件が社長賞を受賞し、内1件が大河内記念生産特賞を受賞しました。とくに大河内特賞は、三菱化成・化学開闢以来の快挙であり、その後もありません。
以上のようなことで、私のプロジェクトエンジニア人生の内、第一生「三菱化成(現三菱ケミカル)の部」を終わりました。

―― 生涯現役エンジニア
このタイトルによって2007年に丸善から本を出版してもらいました。その中で、プロジェクトエンジニアの成功により「三菱化成が田邉康雄を雇用した限界利益は、2000億円」と記載しました。もちろん根拠は、これを記載しました。
この本を当時の三菱化学喜光社長へお贈りしたところ、「エンジニアに専念され、当社の事業に貢献頂いたことを御礼申し上げる」との御丁重なお手紙を頂戴しました。そしてこの本を中央研究所図書館を含む、数多くの社内図書室(館)に置く手配をしてくださいました。

大学三年生の時にプロジェクトエンジニアを目指し、琵琶湖疏水・蹴上水力発電所の祖父田邉朔郎には到底及びませんが、方向だけは真似をしてきました。一途にやってきた甲斐がありました。

次回(第23回)から、いよいよプロジェクトエンジニア人生の内、第二生「ISOMSの世界」に入った経緯に入ります。

――――― ――――― ――――― ――――― ―――――
弊社ホームページのブログに投入し、同じ内容をツイッター、フェイスブック、そしてメルマガで配信しています。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2017年09月20日 08:24 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読