生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« ISOMS、自己宣言、コンサルタント ― 回顧と反省 ― (19) | メイン | ISOMS、自己宣言、コンサルタント ― 回顧と反省 ― (21)  »

ISOMS、自己宣言、コンサルタント ― 回顧と反省 ― (20)

エンジニア田邉康雄が、ISOMSの世界に入り、ISOMS認証ビジネス」に批判的になり、適合実証のための自己宣言をコンサルタントするに至った経緯を回顧しています。なおここでISOMSとは、ISO9001、ISO14001、ISO45001(現在DIS2)等のISOマネジメントシステムを指しています。

前回(19回)から続きます。

―― 今から50年前の昭和42(1967)年頃に三菱化成(現三菱ケミカル)黒崎工場の技術開発部門において、建設工程管理用PERTを、研究をともなう技術開発プロジェクトのツールにするという動きがありました。
まあ、いわば後年QCやら、TQCやら、PMやら、TPMなどが品質管理のツールとして相次いで導入されたのと同じような動きでした。そして運用は各部署、各人にまかせるということでした。

そこでプロジェクトを任されていた私田辺は、以下のように実行しました、――。

1. 記載方法(用紙等)・・・方法:A3用紙を横向きに置いて、硬度Bの鉛筆を用いて所定のPERTを描く。・・・効果:成果判断を要する「―◇―」が多すぎて苦労した。しかしこの成果判断位置を事前に設定することによって、先を読む力を得た。

2. 図の最新化(アップデート)・・・方法:週に一回、実績に合わせて書き直す。その際、消しゴムを使用する。・・・効果:硬度B鉛筆を使用した理由はこれ。消し易いようにするもの。

3. PERT図の取扱い・・・方法:事務所の壁に貼り出す。・・・効果:これにより、自分が常に見るだけでなく、誰でも見ることがでる。プロジェクトの進捗状況がガラス張りになる。

4. 週報の発行・・・方法:PERTをベースとして週報を書く。計画通り進んだことと、計画通りには進まなかったこと、この両者をもれなく記載する。この週報を、上司、プロジェクト組織内の部下、プロジェクト組織外の協力者へ配布する。・・・効果:これにより、プロジェクトの応援者が増加する。

 ―― システム化
すでに述べたルイス・アレンの「計画立案⇒組織化⇒指揮⇒統制」の繰り返し、即ち、「PDCAを回す」と組み合わせました。即ち、アレンの「専門経営者論」とIBM由来の「簡易PERT図」の2ツールを合体することによってシステム化したのです。
このシステムの中の主たる要素は、「目標明確化」、「目標達成要件」、「各要素達成時期明確化」、「全体達成時期明確化」、「役割分担」、「実行」、「結果整理」、「移動する目標の確認」、「行動方向修正」などであり、これの繰り返しでした。

―― このような業務のシステム化によって「研究を伴う技術開発プロジェクトの、計画の先を読む」ことが、(全部が全部ではありませんが)ある程度可能となりました。その分だけ空振りが少なくなりました。だから「可能になったある程度」の割合の分だけ、仕事の効率が高まりました。

―― 仕事のスピード
以上のシステム化により、マネジメントが難しいと言われる研究を伴う技術開発、即ち、「研究開発」プロジェクトのマネジメントを効率化して開発期間を短縮しました。これにより、「田辺は、技術開発の仕事が早い」という評判をとりました。

―― ISOマネジメントシステム
それから約30年も経た平成8(1996)年に、ISO14001が発行され、「システムのPDCAを回す」という概念が示されました。これがISOマネジメントシステム(ISOMS)の一つでした。
早速、講習会を受講しました。講師は「従来の1994年版ISO9001には無かったPDCAである」と説明されました。

「ISO9001もPDCAになっていますが?」と。
私は手を上げて異論を唱えました。しかし講師はこれを否定されました。4年後に2000年版ISO9001が発行された際、PDCAで表現されました、私は溜飲を下げました。

次回(第21回)につづきます。

――――― ――――― ――――― ――――― ―――――
弊社ホームページのブログに投入し、同じ内容をツイッター、フェイスブック、そしてメルマガで配信しています。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2017年09月15日 08:04 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読