生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 読売新聞「(明治)維新の記憶」連載特集、倒幕の志「生野の変」首謀者北垣国道を、ひ孫田辺康雄が語る(29) | メイン | 読売新聞「(明治)維新の記憶」連載特集、倒幕の志「生野の変」首謀者北垣国道を、ひ孫田辺康雄が語る(31) »

読売新聞「(明治)維新の記憶」連載特集、倒幕の志「生野の変」首謀者北垣国道を、ひ孫田辺康雄が語る(30)

去る6月27日(平成29年)読売新聞大阪夕刊「(明治)維新の記憶」連載特集(毎月一回)に取り上げられた「1863年、生野の変」に関連して、その記事のためにインタビューを受けた田邉康雄が、さらに語ります。

田邉朔郎が学んだ工部大学校の話をします。
 
―― 工部大学校の設立
明治6(1873)年、使節団が帰国後、伊藤博文は「工部省」トップ(工部卿)となり、直ちに工部大学校を開設しました。 

―― 工部大学校における土木工学の位置づけ
土木工学の原語であるシビル(民事)エンジニアリングは、ミリタリー(軍事)エンジニアリングに対する言葉です。即ち、工学(エンジニアリング)に対する従来の軍事需要に対して、民事需要に応えるエンジニアリング(工学)でした。
ミリタリー(軍事)エンジニアリングは、敵に勝つための工学ですから、当然内容は総合的なものでした。そしてそこから派生してきたシビルエンジニアリングも、当然総合的工学でした。

―― シビルエンジニアリングと土木工学
私田邉康雄は、日本においてシビルエンジニアリングをいつの時点で「土木工学」と訳すことになったか、知りません。朔郎が受験した際の名称は、シビルエンジニアリングだったと推測しています。なぜなら、教授陣は全員イギリス人であり、英語によって教えていましたから、日本語で何と呼ばれていたかなど、どうでもよいことでした。

―― 土木という言葉を嫌った田邉朔郎
朔郎が叔父、有賀敏彦に語った「私は土木技術者ということになっているが・・・」の一言が語っています。即ち、土木という名称を嫌い、土木技術者であるとは思っていなかったようです。

―― 土木ハンドブック「工師必携」
朔郎は第一琵琶湖疏水工事第一トンネル工事の合間に、作業者のために土木工事ハンドブックを作りました。そしてこれを、「工師必携」と名付けました。「土木必携」ではありません。そして工師とは、エンジニア(工学者)を意味していました。
即ち、朔郎はシビルエンジニアリングを日本語にするならば工師が妥当であり、工師=工学者と考えていたようです。シビルエンジニアは、けっして土木工事だけを手掛ける者ではないと考えていました。

―― ミリタリー(軍事)エンジニアだった朔郎の父親
朔郎の父親田邉孫次郎は、徳川幕府御家人富士見宝蔵番であり、徳川将軍家講武所に西洋砲術方教授として出役していました。即ち、ミリタリー(軍事)エンジニアでした。
朔郎は、叔父田邉太一の勧めによって工部大学校を受験した際、迷うことなく、シビルエンジニアリングを選びました。当然 総合工学であるとの認識があったでしょう。

―― 最難関のシビルエンジニアリング科
当時の土木工事の大きな需要を背景にして希望学生が殺到する最難関の学科でした。そして他の工学、即ち、電気工学、機械工学、化学工学、建築工学などを幅広く教えていました。即ち、他の工学を統括する要の工学であると位置づけられていたようです。

―― 工部大学校卒のレベル
前述したとおり、6年制でしたから、ここを卒業するということは、産業革命の発祥地、熱力学のメッカである、英国スコットランドのグラスゴー大学(全教師の出身大学)に6年間留学して卒業したのと同じ力量をもっていることを意味していました。

―― 英語による学習
前述のとおり全専門分野をすべて英語で教えていました。ですから、卒業生が当時の外国のエネルギー利用関連技術を導入することは調査・交渉を含めても極めて容易なことでした。

―― 工部大学校生の資質
学生の、ほぼ全員が元武士、あるいは武士の子であり、すでに基礎教育を修めてきた超優秀者でした。その中において、田邉朔郎が学力判定試験において「一等賞」を何度も頂いたことは、朔郎の超々優秀さが伺いしれます。

―― 幸運だった北垣国道と京都市民 
この世界最先端の工学を学んだ、超々優秀の田邉朔郎を北垣国道は、榎本武揚等の推薦によって期せずして得たのでした。当初国道が希望した南一郎平の都合がつかなかったことは、京都市にとって偶然の幸運でした。

これで北垣国道の京都復興は終わります。次回(24回)は話戻って、国道の「鳥羽伏見の戦い」への参戦を紹介します。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2017年08月23日 06:28 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読