生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« <敬老の日> 国民の祝日ですから、国旗を掲揚しました。 | メイン | <京都「蹴上発電所」が「IEEEマイルストーン」に認定> 田邉朔郎子孫より。 »

100歳までの健康法・・・生涯現役エンジニア達成のために。

現在、100歳以上の人口が約6万人だそうです。現在80歳の私も、100歳まで元気で子供たちに負担を掛けることなく、人生を全うしたいと思っています。そのために私なりの健康法を若い頃から実行してきました。生涯現役エンジニアを達成するために。今日は、それを開示します。

1. 年1回の断食(水飲だけ10日間)・・・74歳を最後に(ほぼ毎年)27回実施した。

2. サウナに週1回(土曜日)行く。水(約1ℓ)を飲みながら3~6回入る。・・・74歳でやめた。

3. ストレスをためない。・・・その手法はここでは開示しない(書くと問題が残る恐れあり)。

4. 過去の事を悔やまない。⇒ 全て熱力学第二法則で説明できる。未来の事を計画立てる。⇒ しかし、先のことは分らない(即ち、阿弥陀仏様の御心のまま)。・・・このように、割り切る。
5. 人生に目標をもつ。

6. 食生活。
① 「ごまさかだいじんちゃ昆布」。ゴマ、まめ、魚、大根、人参、お茶(緑茶)、昆布。あるいは、「孫達は優しい」。豆、ゴマ、卵、チーズ、ワカメ、ヤサイ、魚、シイタケ、イモ。
② 一日に30種類を食べる。和食中心。本日何種類食べたかを振り返る。漫然と食べることはしない。
③ 夕食にはデンプン質を食べない。朝・昼にしっかり食べる。
④ 夕食時、毎回ワイン200㎖だけたしなむ。
⑤ 夜9時以降には、何も食しない。10時の就寝前に水を200㎖飲む。

7. 体を動かす。
① 有酸素運動(息が切れる強歩など)を20分。
② 無酸素運動(筋トレ)を5分

8. 歯を大切にする。具体的には、――。
① 歯医者へ頻繁にかかる。
② イソジンで歯ブラシにて歯ふきを磨く。
③ 毎食事後、水で歯ブラシを掛ける。

9. 人間ドック2日間コースを毎年受ける。所見を受けたら一年間、その項目を摂生・養生する。

10. インフルエンザ(毎年)と肺炎(定められた間隔で)の予防接種を受ける。

11. 以上を妻とともに、楽しみながら実行する。


投稿者: 田邉康雄 日時: 2016年09月21日 17:55 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読