生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 三菱化学60歳定年退職後の「生涯現役エンジニア」活動報告(4)「京都の命の水、琵琶湖疏水の田邉朔郎(祖父)の真実紹介」 | メイン | ★ISO9001:2015改訂と内部監査員強化セミナー  情報 »

★通信講座:楽しく学ぶリスクマネジメント実践スクール

「真の意味の」内部監査員を育成することが、ISO9001、ISO14001、あるいはISO45001(草案/OHSAS18001後継規格)を「活用」する唯一の道です。真の意味の内部監査員とは、規格要求事項ではなく、①組織が定めている業務ルールの実行状況と、②業務ルールそのものの妥当性をチェックし、かつ、③アドバイスできる内部監査員のことです。

開校日:平成28(2016)年8月1日

2016年改訂ISO9001とISO14001の、あるいはISO45001の底に流れている思想は、リスクマネジメントです。ですから、改訂ISOを活用するには、リスクマネジメントを知っている方がやり易いのです。

最終部に徳川家康のリスクマネジメントを紹介しました。家康公のお世話になった祖先をもつ講師が、独自の情報源を基に、従来の諸説とは異なる視点で考えてみました。

すでに開校していますから、いつでも申し込めます。所定の学習期間は、3ケ月ですが、最大6ケ月の猶予があります。所定のテストに合格すると、「修了証」が発行されます。

詳細は、以下のURLで御確認いただけます。
このURLから受講を申し込めます。
http://www.techno-con.co.jp/item/35100.html

「講師田邉康雄のメルマガで見た」、あるいは、「ホームページブログで見た」、と申込書に付記されると「10%」割引となります。新技術開発センターには通じてありますが、事務漏れがあるかも知れないので、念のために新技術開発センターに電話して御確認ください。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2016年08月23日 17:16 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読