生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« リスクマネジメント通信講座をはじめました。 | メイン | ISO14001:2015審査員移行研修コース受講報告 »

<2015年改定ISO14001とリスクマネジメント>

昨年ISO14001が改訂になりました。これに対して様々な見方があります。曰く「大きな改訂である。だから、十分に対応しないと審査に合格しない」と。一方、「特記するほどの大きな改訂ではない。審査のポイントが、旧版と異なるものではない」と。

どちらが正しい見方でしょうか。私は立場によって見方が異なると考えています。
 
1. コンサルタント会社・・・新しい要求事項が制定された。新たな対応が求められるが、審査機関はそれを教えることが禁止されているので、それが許されているコンサルタントにとって業務拡大のチャンスだ。新要求事項を大いに宣伝しよう。よらば、大樹(コンサルタント)の陰と思ってもらおう。

2. 審査機関・・・長年ISO14001規格と付き合ってきている者の目から見ると、とくには新しい要求事項が提起されたとは思わない。審査員にも社内研修でそのことを教えるが、多くの審査員の質を均一に揃えることは不可能だ。文言に囚われて「新要求事項が提起された」と自説を曲げない審査員をもいてもおかしくない。そんな審査員が審査の現場において勝手な振る舞いをすることを、100%防ぐことはできない。これは困る。審査機関の切り替えを誘発するからだ。一方、「厳しい審査」は、審査機関の権威づけでもある。だから是正義務のない「観察事項」(オブザベーションとも言う)を多発して審査機関の権威を保とう。


 私は、審査機関の審査員と、コンサルタントの両者の経験者です。現在IRCA認定資格の最上位プリンシパル審査員をもっています。だから、両者の立場がよく分ります。

 ―― 従来通り、「紙・ゴミ・電気」的な取り組みを「よし」として、最低限のコストで「環境に配慮した企業」というイメージ創出に成功している企業は、以下の方針を策定されることをお勧めします。即ち、

1) (要求事項が高度化したと主張する)(企業にとって悪質と思える)コンサルタントに引っかからない。
2) そして何の準備らしい準備もせずに審査を受け、審査で受けた観察事項は無視。

 この二つに留意して規格改訂の「脅威」を、最小限のコストで切り抜けましょう。


 ―― 一方、今回の改訂を契機として「環境リスク(脅威)低減」に取り組みたいとお考えの、真摯な企業は、当社へ御連絡ください。当社は以下のように考えております。

「ISO14001はもともと、環境リスクを低減するためのリスクマネジメント規格であった。今回(2015年)の改訂では、それを分かり易くしただけのものであり、内容が改訂されたものではない」と。

この考えに立ってもう20年も前、1996年版ISO14001の時代から「環境リスク低減」に取り組んでおります。そのためのツール「田辺式ABC票」を、豊富な活用事例とともに発表しました。2002年8月2日に新技術開発センターから発売した「誰でもできる簡易環境影響評価法」です。

―― 今回(2016年7月27日)、同センターは「楽しく学ぶリスクマネジメント実践スクール(通信講座)」を開始します。私は「担当プロフェッサー」を拝命しましたが、そのテキストの中において田辺式ABC票を改めて紹介しました。

この通信講座では、肩の凝らない読みものを楽しみながら、本物のリスクマネジメントをマスターできます。この知識をベースにして2015年改訂ISO14001を読むと、理解が進みます。以下のURLでご確認下さい。
http://www.techno-con.co.jp/item/35100.html

本物のリスクマネジメントの知識の上に立って2015改訂ISO14001を企業存続のために活用しましょう。このような真摯な姿勢を示す企業様には、当社も親身になり、真摯に対応させていただきます。弊社事務所を御訪問ください。

受講料は、一人12,000円(税込)。A4版、111頁のテキストを3カ月で学習していただけます。途中に3回添削テストがあります。修了者には、「修了認定証」が授与されます。

 


投稿者: 田邉康雄 日時: 2016年08月05日 11:32 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読