生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 徳川家康公没400年記念日光例大祭・・・平成28年5月17日 | メイン | リスクマネジメント通信講座をはじめました。 »

ネクスコ西日本の2015年改訂ISO14001支援

さる4月20日(2016年)、西日本高速道路株式会社(ネクスコ西日本、元「道路公団」の西日本分社)の契約審査課から電話がありました。私は仕事に出ていたので家内が出ました。「ホームページで見た。書類を送る」と。4月22日に書類が来ました。見ると、「ISO14001改訂支援業務、見積者に対する指示書」。指名競争入札資格者に指名されたものでした。


「辞退するなら、辞退届を出せ。届を出さずに見積書を提出しないと、次回から見積者リストから外す」と書いてありました。

―― これを見た私は、「怒り心頭」に発しました。こちらから競争入札資格者に指名してほしいとお願いした訳でもないのに、「一方的に指名して、その言い草は何んだ」と。そこで無視することにしました。

―― ところが、たまたまその日(4月22日)にネクスコ西日本の新名神高速道路工事現場において橋桁落下事故がテレビで放映されました。これを見て「職場防災コンサルタント」の私は考え直す。改訂ISO14001の大きな柱は、「環境リスク低減」である。これを活用して「橋桁落下事故」同様の重大事故を防止してもらおうと。そうすれば、大きな社会貢献になると。一般に、「紙・ゴミ・電気」に終始しがちな従来のISO14001が見直される契機になるかも知れないと。

 ―― そこで見積書を提出しました。その結果、5月11日に電話を受けました。「入札開封結果、有限会社田辺コンサルタント・グループに決まった」と。そして同日付で、西日本高速道路株式会社石塚由成社長と弊社との間で、「ISO14001改訂支援業務」に関する「業務委託契約」を締結しました。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2016年08月03日 16:22 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読