生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« ★技術者研修「ISO9001:2015と内部監査員強化」・・・平成28年4月20日開催 | メイン | 徳川家康公没400年記念日光例大祭・・・平成28年5月17日 »

有機溶剤を取り扱う化学工場の火災予防(2)・・・コンサルティング(指導)内容

1) 対象企業:危険物や高圧ガスを用いて製品を製造している工場(大企業)
2) 火災原因調査・・・科学技術的手法による、直接原因と間接原因の解明
3) リスクアセスメント・・・田辺式ABC票の「A票 -1」により、本物のアセスメントを指導する。
4) リスク低減対策・・・・・・田辺式ABC票の「A票 –2」を利用して、全員参加で対策を立案して実行してもらう。

5) 火災予防への技術指導・・・引火の原理から指導する。
6) 作業手順書の改善指導・・・400社の作業手順書を見てきた経験から無駄のない指導をする。
7) 従業員社内研修・・・全員参加を引き出す、分かり易い研修を実施する。
8) リスクマネジメント・・・国際標準リスクマネジメント(ISO31000:2009準拠)を指導する。
9) 安全健康リスクマネジメントシステム・・・ISO45001:2016DISに準拠して、利用できるところから着手してもらう。
10) 品質/環境/安全リスクマネジメントシステム・・・多くの大企業は、ISO9001、ISO14001、OHSAS18001の認証取得をしている。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2016年04月22日 09:18 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読