生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« ★技術者研修:有料公開セミナー「2015年改定ISO9001/ISO14001とISO45001(現OHSAS)の統合実務」 | メイン | ★技術者研修:無料『インターネット依存症リスクのマネジメント』 »

★技術者研修:割引有料「石油系溶剤による、爆発とその予防の実務」

開催日:2016年3月9日(水)
場所:新技術開発センター研修j室
所在:東京都千代田区一番町17-2 一番町ビル3F
最寄り交通機関:地下鉄半蔵門線 半蔵門駅徒歩2分
電話: 03(5276)9033
受講料:42,000円(消費税込)
割引:講師田辺のホームページで見たと言えば、20%割引を適用してもらえます。

現在,プラント爆発が多発しています。最近の例から記述すると,三菱マテリアル四日市ポリシリコン(2014年1月),そして遡ると日本触媒化学姫路アクリル酸(2012年9月),三井化学岩国レゾルシン(2012年4月),東ソー山口周南塩ビ(2011年11月),興人熊本フィルム(2010年3月),日本カーリット横浜高圧水添(2010年1月),森田化学大阪三フッ化窒素(2009年12月),三井化学下関三フッ化窒素(2009年11月),三菱化学鹿島エチレン(2007年12月)です。
この中に在って,講師が設計し大河内生産【特賞】を受賞した三菱化学四日市事業所の1,4-ブタンジオール(14BG)プラントは,35年間「無事故」「無災害」記録を更新中です。
2012年2月,三菱化学は30年を期してこの記録を寿ぐ祝賀会を催し,設計者の講師は招聘されて祝辞を述べました。
講師は定年退職後,在職時代に培った「安全技術」をベースにして定年退職後の20年間,労働安全コンサルタントとして数多くの企業の安全指導を実施してきました。その間に出会った実例を,従来からもっていた「理論」的知識に加えて,「爆発」事故の「実態」とその「予防」方法を解説します。

<受講をお勧めする方>
(1)安全スタッフ,(2)環境スタッフ,(3)プラント現場スタッフ,(4)プラント建設プロジェクト担当者,(5)企画スタッフ,(6)ITスタッフ,(7)工場の幹部候補生


石油から得られる「有機溶剤」の取扱いには,品質,環境,安全にまたがる諸規制のクリアーが必要ですが,規制を完全クリアーしても被災は無くならず,安全に関する技術的知識と経験を要します。我国における総合化学会社のリーダー的存在,三菱化学の「研究・開発・プラント設計・建設・運転」の幅広い経験と,定年退職後の20年間に約300工場への指導経験から,好例と悪例を紹介しながら防災のポイントを分かりやすく解説します。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2016年03月09日 14:13 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読