生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 先週(2015年6月27日)台湾で発生した粉じん爆発に関して緊急対策情報をお届けします。 | メイン | 今回は、「労働安全衛生マネジメントシステム」に関する前回のつづきをお届けします。 »

「労働安全衛生リスクアセスメントが不十分」

前回の台湾イベント会場着色「コーンスターチ粉じん爆発」に関連して「リスクアセスメントが不十分」という話をさせていただきます。

先週(6/25)、(一社)日本労働安全衛生コンサルタント会東京支部昭和27年度通常総会が開催され、私も会員の一人として出席しました。その前に厚労省東京労働局による、東京都内における労働安全衛生重点項目に関する講演があり、その後で開催された「懇親会」でとても有意義な情報交換をしたので報告します。

情報交換させていただいた方々は、労働局の課長さんお二人と、都内の労働基準監督署の課長さんでした。そこで以下のようなやり取りをしました――。

田辺:本日の御講演の中で「労働安全衛生マネジメントシステム」が重点項目に挙がっていなかったが、もう終わったとお考えになっておられるのか?

回答1:最終目標として掲げているが、道が遠い。よって厚労省が提示している個々の「要素」に対する実績を確実に積み重ねて行き、結果としてマネジメントシステムが構築されている状態にもって行って欲しいと思っている。

回答2:マネジメントシステムに関しては、すでに多くの企業において、毎年個々の「要素」を含めた年間計画を立てて実施し、見直し、また次年度の計画を立てている。即ち、PDCAを回している。これは正にマネジメントシステムであり、すでに安衛法の中でもマネジメントシステムを回しているとも言える。

――――― ――――― ―――――
ここまでは、「そういう考え方もできるかも知れない」と半信半疑でした。ところが、次に「面白い」質疑応答を得ました。

田辺:厚労省指針第113号(労働安全衛生マネジメントシステム要求事項)はどうなっているのか。

回答1:PDCAを回すときの、参考にしてほしい。なかでも、「リスクアセスメント」が出発点になっていることを知ってほしい。出発点になっているにも拘わらず、このリスクアセスメントは、多くの企業において不十分である。「対策」のあるものだけをリスクとして挙げているケースが多い。

ここで私は身を乗り出しましたーー。

田辺:その御意見に100%同意する。自分は顧客を訪問して「危険予知活動」を、KY訓練用イラストを教える機会が多い。その際、「このイラストを見てどんな危険が考えられるか」と質問する。すると「ヘルメットをかぶっていない」というような回答がでてきて閉口することがしばしばある。ここで、「ヘルメットは、対策だ」と、そして、「どんな被災が考えられるからヘルメットをかぶるのか」と聞く。自分は受講者が、「つまずく」とか、「滑る」とか言ってくれることを期待している。それだけでなく、「その結果、頭を床に強打して植物人間状態になる」とか言ってくれることを期待している。即ち、「間接的」な原因(例えば床に油がこぼれているとか)に存在する「直接的」な潜在原因を特定し、その原因によって発生する傷害の程度(身体のどの部位にどの程度の傷害を被災するか)、その道筋を、次から次へと上げてくれることを期待している。そして考えられる被災を防止する対策の一つとしてヘルメットと回答してくれることを期待している。しかし、いつもここで「停滞」する。言われるように、「対策」のあるものだけをリスクとして上げる習慣がついている。これはリスクアセスメントではない。

このヘルメットの件は、会話つなぎにすぎませんでしたが、次に相手の厚労省のお方はとても重要なことをお述べになりました。

回答2:技術者に技術の歴史(技術史)を教えていない。今、自分達が動かしている工場が、どのような歴史を辿って現在の機械・装置になっているのか、そのことを知らない。よって、その技術の限界を知ない。知らないので、技術限界を逸脱して大災害に至ると。

―― 私はこの御回答に感激しました。失礼ですが、監督署の一課長さんが、技術論的にこのような高い御見識をもっておられるとは意外でした。聞けば、技術系(化学)の大学を卒業された課長さんでした。説得力のあるお話方をされるので、いずれはさらなる指導的職務につかれるお方だとお見受けしました。

課長さん曰く、「大学で技術史を教えるべきだ」と。私は120%賛同しました。最後に「何事も俯瞰が必要だ」と。この一言でこの課長さんをますます好きになりました。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2015年06月30日 10:26 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読