生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 建設工事現場のガス爆発(秋田県大館市)(1) | メイン | 田邉康雄から・・・・・「マネジメントシステム(品質・環境・安全・リスク)」、生涯現役エンジニアの祖父田邉(辺)朔郎・・・・・子孫(13)   »

建設工事現場のガス爆発(秋田県大館市)(2)

昨日報告した秋田県大館市建設工事現場(特別養護老人ホーム大館南ガーデン)のガス爆発について、写真の日経2015FEB25朝刊43頁等によって、さらなる情報が入ったのでここに追加報告します。

 1)被災企業名: 北進ガス圧接工業
 2)ボンベ種類と数: 溶接用のアセチレンボンベ6本
 3)被災状況: ボンベを積込んである車から二人の内の一人が車外に出た瞬間に爆発が発生し、その人が全身火傷を受けて重体。他の一人は重傷。そして隣に駐車していた車に乗っていた二人が軽傷を負った。

以上の情報によって昨日推定した「爆発状況」を訂正します。
 1)ボンベLPGではなくてアセチレンでした。
 2)用途は、「暖房」ではなくて、「溶接」でした。

以上の訂正によって昨日推定した「爆発原因」を訂正します。
 1)ボンベ運搬車は、積載部の後部扉を開放していた。
 2)6本の内の1本のボンベ口金パッキンが緩んでアセチレンガスが、積載部に充満するとともに後部扉部位から外に漏れ出ていた。
 3)アセチレン臭気は漂っていたが、被災者4人は車中にいたので気が付かなかった。
 4)爆発車の助手席でタバコを吸っていた作業員が、タバコを口に加えながら車外に出た。
 5)そこにはすでにアセチレンガスが漂ってきていた。
 6)タバコの火がガスに引火し、積載部の半密閉部に充満していたアセチレンガスの爆鳴気に引火して大音響とともに大爆発を引き起こした。
 7)その爆発によって積載車の外装部パネルが吹き飛び、タバコ従業員を打撲するとともに、火の玉(ファイアーボール)が従業員を包んだ。
 8)これにより、タバコ従業員は打撲傷の上に全身火傷を負うという二重の災害を被災して重体となった。
 9)なお、初回報道の一部において、「ガスボンベが爆発した」とされていましたが、ボンベそのものは爆発していません。現に写真によると、6本のボンベは無傷です。

前回も書きましたが、医術を尽くして快癒されることをお祈りします。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2015年02月25日 11:33 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読