生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 田邉康雄から・・・RM・安全健康・MS・・・生涯現役エンジニア/田邉(辺)朔郎(8) | メイン | 田邉康雄から・・・RM・安全健康・MS・・・生涯現役エンジニア/田邉(辺)朔郎(10) »

田邉康雄から・・・RM・安全健康・MS・・・生涯現役エンジニア/田邉(辺)朔郎(9)

二年前20112年12月3日に『茨城高ガ保安協会』の御依頼で水戸市において『爆発火災の防止と安全対策』を講演しましたが、今年また、2月26日に『三重県健康福祉部』の御依頼で『化学薬品(Chemicals)による被災とその防止方法』の講演を津市で行いました。そして去る10月22日に、『岡山県保健福祉部』の御依頼により、倉敷市において水島コンビナート地区保安防災協議会(約100名)を対象として、『三重県健康福祉部』の場合と同じタイトルで講演しました。以上の三回により、我国の三大石油化学コンビナートを対象として研修会の講師をやり終えたことになります。石油化学を専攻(京都大)してきた私には分に過ぎた栄誉であると御依頼者様に感謝しております。

さて内容は以下の通りでした。
1) 化学薬品の製造販売を規制する、品質、環境、安全にまたがるあらゆる法規の紹介
2) 毒物、劇物、爆発物、支燃物、発火物、引火物、可燃物、高圧物等による災害事例
3) 現在日本の化学工場における主たるハザードの紹介とその対策
4) ISO31000に基づくリスクマネジメント(RM)概論
5) 厚労省も推薦する労働安全衛生マネジメントシステムの効果的な活用法の紹介
6) 厚労省の作成になる『毒劇物危害防止規定モデル』の紹介とその有効な活用方法
結果は大変好評だったらしく、11月21日付で水島コンビナート地区保安防災協議会長と岡山県保健福祉部長の御連名による次のような文言を含む御礼状を頂戴しました。
「90分という短い時間にも拘わらず、非常に内容の濃い、実例を交えた有益なお話に参加者からは感銘の声が溢れておりました」と。
これは、これまでに私田邉康雄がもらったお礼状の中でも最高の御賛辞でした。最初の御依頼が『毒物劇物安全管理研修会』だったのですが、御相談しながら、範囲を「急激な災害をもたらす」全化学薬品に拡大したことがよかったと自画自賛しています。
最高の御賛辞を頂戴してこんな嬉しいことはありません。「生涯現役エンジニア」として78歳でも社会貢献できることを幸せに感じております。御礼状のスキャンコピーをこのメルマガに添付します。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2015年01月04日 15:12 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読