生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 田邉康雄から・・・RM・安全健康・MS・・・生涯現役エンジニア/田邉(辺)朔郎(7) | メイン | 田邉康雄から・・・RM・安全健康・MS・・・生涯現役エンジニア/田邉(辺)朔郎(9) »

田邉康雄から・・・RM・安全健康・MS・・・生涯現役エンジニア/田邉(辺)朔郎(8)

今回は「安全」に関する講演会のお知らせです。
演題:「無事故化学プラントの安全設計ノウハウ」
講師:田邉康雄他
日時:2014(平成26)年12月3日(水)
場所:新技術開発センター研修室(地下鉄半蔵門線半蔵門駅徒歩2分)
   東京都千代田区一番町17-2
主催:新技術開発センター
受講料:1人42,000円(税込)
内容: 以下の通りですーー。

現在、プラント爆発火災が多発しています。最近の例から記述すると、新日鉄住金名古屋製鉄所コークス炉(2014年9月3日)、三菱マテリアル四日市ポリシリコン(2014年1月)、日本触媒化学姫路アクリル酸(2012年9月)、三井化学岩国レゾルシン(2012年4月)、東ソー山口周南塩ビ(2011年11月)、興人熊本フィルム(2010年3月)、日本カーリット横浜高圧水添(2010年1月)、森田化学大阪三フッ化窒素(2009年12月)、三井化学下関三フッ化窒素(2009年11月)、三菱化学鹿島エチレン(2007年12月)です。

この中に在って、三菱化学四日市の1,4-ブタンジオー-ル(14BG)プラントは、32年間「無事故」「無災害」記録を更新中です。 2012年2月、三菱化学はこの記録を寿ぐ祝賀会を催し、本セミナーの講師田邉康雄他1人は招聘されて祝辞を述べました。このプラントは、岡山県倉敷市による厳しい環境規制をクリアーする完全リサイクル型無公害設計であるばかりでなく、労働省(当時)「化学プラントセーフティアセスメント指針」(昭和51年)にそってリスクアセスメントを実施し、化学プラントにおける「設備災害」と「行動災害」を正しく理解した「安全設計」です。設計者田邉康雄は、自分が運転するとの前提で設計しました。

プラントの設計/建設経験者が少なくなった今、無公害/無災害設計のノウハウは貴重です。大学の講義では聞くことのできない実戦的な内容を職場に持ち帰ってプラントの爆発火災防止、並びにプラントの無公害化に役立ててください。『生涯現役エンジニア』(丸善)の第四章『実例』に沿って話を進めます。この本には、講師の化学プラント設計経験談であり、環境/安全以外にも化学プラント設計ノウハウが詰め込まれています。


来ていただければ嬉しく思います。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2015年01月04日 14:58 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読