生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 不完全な三菱マテリアル爆発火災最終報告書(15) | メイン | 韓国は日本と米国の支援によって円滑に独立できました(71)。 »

「労働安全衛生マネジメントシステム」国際規格ISO45001(1)

         <欧州版OHSAS18001の後継規格>
~ 頻発する化学工場の爆発火災。その防止にも役立つ ~

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
去る7月17日付で、労働安全衛生マネジメントシステム規格の草案、ISO/CD 45001が発行されました。この分野で約20年近い歴史を持つ私は、「待っていました」という声を上げました。

これには歴史があります。1995年頃、英国規格協会BSIから、BS8750が発行されました。これは労働安全衛生マネジメントシステム規格でした。
難しいことを言ってすみませんが、現在の環境マネジメントシステム規格、ISO14001の原型はBS7750でした。もっと言うと、現在の品質マネジメントシステム規格、ISO9001の原型はBS750でした。
ですからBS8750が発行され時、これが直ぐにISOの番号がつくと期待しました。なぜならば、「―750」という番号は「マネジメントシステム」に昇格する番号ではないかと勘ぐったからです。この勘ぐりを基にして勉強会を招集しました。

この勉強会の途中でBS8750は、BS8800と名称を変えました。そこで勉強会は、「BS8800研究会」と名前を変えました。勉強の成果を著書 『ISO安全・環境・品質 早分かり』にして「日本規格協会」から1996年6月に発行しました。私はこの本の著作権者代表でした。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
―― 次回は(2)です。田邉康雄

投稿者: 田邉康雄 日時: 2014年08月14日 21:04 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読