生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 不完全な三菱マテリアル爆発火災最終報告書(10) | メイン | 不完全な三菱マテリアル爆発火災最終報告書(11) »

韓国は日本と米国の支援によって円滑に独立できました(66)。

~ マッカーサー配下の米軍は、日本の官僚制度をそのまま韓国に引き継がせた。
  <日本は朝鮮半島を「植民地」として「支配」は、これをしていません>
           ~ 「植民地支配」の否定 ~

釜山に住んでいた父田邉多聞の、終戦直後の日記です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
12月10日
交通局を今後運営してゆくべき朝鮮人幹部の間に勢力争いがあり、本日地方局局長付属室で工務系の職員が営業系の金錫寛氏(釡局局長後任と予定されている人)に暴力を加えて大乱闘となる事件があり、これだから困る。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
以下は私田邉康雄のコメントです。

「局内で大乱闘。これだから困る」
と、父はいっています。

「この立派な朝鮮鉄道を、早く朝鮮人だけで立派に運営しくれ」
と、願う父田邉多聞は、朝鮮人同士の内部抗争には「がっかり」しています。

結局のところ、この内部抗争の延長線上で3年後の昭和28年に米軍の反対を押し切って大統領選挙を強行して李鐘晩が大統領になり、同年8月13日に独立宣言をして米軍ホッジ司令官がそれを黙認してしまったというのが私の知っている韓国の独立です。
現在ではホッジ司令官の政治的無能が問われているようです。そうでしょう。沖縄戦を指揮して成功させた生粋の軍人なので、政治のことには疎い人ですから。

―― 繰り返しますが、韓国は日本から独立したのではありません。米軍(=米国)から独立したのです。それも日本がサンフランシスコ平和条約によって正々堂々と独立したのではなく、ホッジ司令官の無能に付け込んで、「うやむや」の内に「なし崩し」的に独立したのが実態だと私は理解しております。

一方の韓国は、「日本から独立した」というシナリオに真実味を持たせるために、真実とは異なる8月15日を独立記念日としています。

―― これに因んで言及します。韓国は独立する際に、自国の軍隊をもたず、米軍を排除したのですから、その2年後に北朝鮮から攻め込まれました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
―― 次回は(67)です。田邉康雄

投稿者: 田邉康雄 日時: 2014年07月27日 12:08 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読