生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 不完全な三菱マテリアル爆発火災最終報告書(9) | メイン | 韓国は日本と米国の支援によって円滑に独立できました(65)。 »

韓国は日本と米国の支援によって円滑に独立できました(64)。

~ マッカーサー配下の米軍は、日本の官僚制度をそのまま韓国に引き継がせた。
  <日本は朝鮮半島を「植民地」として「支配」は、これをしていません>
           ~ 「植民地支配」の否定 ~

釜山に住んでいた父田邉多聞の、終戦直後の日記です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
12月6日(続き)
本日十月分十一月分の俸給の支給あり。これは終戦後、従業員は身分、地位の高下を問わず一率に一日七円の生活費を給すること、となっていたものでこれまで現場を除く事務所以上は支給停止されていたものである。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
以下は私田邉康雄のコメントです。

父も一日7円の対象であり、それも支給されていなかったことが分かりました。

10月28日の時点で、白米1升(約1.5kg)11円、牛肉百匁(375g)11~12円、乾パン1枚1円、スルメ5枚10円と父は書いていましたから、一日7円では米200g、牛肉50g、スルメ1枚程度しか買えません。しかも事務所の職員以上は支給停止だったとは。父も苦労したものです。

局長官舎に母が官舎に備蓄していた衣服・食料で食いつないでいたものと推察します。備蓄で頑張った父に拍手喝采します。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
―― 次回は(65)です。田邉康雄

投稿者: 田邉康雄 日時: 2014年07月23日 21:43 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読