生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 韓国は日本と米国の支援によって円滑に独立できました(61)。 | メイン | 不完全な三菱マテリアル爆発火災最終報告書(2) »

不完全な三菱マテリアル爆発火災最終報告書(1)

このタイトルで本日から、連載を開始します。


2014年1月9日、三菱マテリアル四日市工場において爆発火災が発生し、死者が5名でたと報ぜられました。

―― またか。
と、いう思いでした。

私は2007年以来、化学工場において大きな場発火災が発生する都度、真の原因をいち早く推定してホームページに連載ブログを書くことを常としています。因みに、過去投入したブログのテーマは、以下の通りでした。概略発生時期の順番です。

1) 三菱化学鹿島エチレンプラント爆発火災(2007年12月)
2) 三井化学下関三フッ化窒素プラントタンク爆発(2009年11月)
3) 森田化学大阪三フッ化窒素タンク爆発(2009年12月)
4) 日本カーリット横浜高圧水素化リアクター爆発(2010年1月)
5) 興人熊本フィルムプラントタンク爆発火災(2010年3月)
6) 東電福島原発プラント水素爆発(2011年3月)
7) 東ソー山口周南塩ビプラント(2011年11月)
8) 三井化学岩国レゾルシンリアクター爆発(2012年4月)
9) 日本触媒化学姫路アクリル酸タンク爆発火災(2012年9月)

いずれも原因を先回りして推定しました。ホームページで確認していただけると幸いです。今回もそのような「先回り」をしたいと思ったのですが、多忙でできませんでした。次回(2)に続きます。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2014年07月12日 18:14 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読