生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« ★エンジニアのためのリスクアセスメントの基本と、その進め方 講師:田邉康雄 開催日:2014年7月29日)主催者:新技術開発センター 場所:東京千代田区 受講料:35,000円/人(税� | メイン | 韓国は日本と米国の支援によって円滑に独立できました(55)。 »

韓国は日本と米国の支援によって円滑に独立できました(54)。


~ マッカーサー配下の米軍は、日本の官僚制度をそのまま韓国に引き継がせた。
  <日本は朝鮮半島を「植民地」として「支配」は、これをしていません>
           ~ 「植民地支配」の否定 ~


釜山に住んでいた父田邉多聞の、終戦直後の日記です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

11月28日
韓国国旗の掲揚が許され本日道庁において掲揚式が行われた。信原道知事は早くから罷免されて米軍人が之に替り、暫く顧問と言った形で道庁の一室に居たようであるが交通局との間の連絡は殆どなかった。市内の治安は米軍により略々保たれて居たが併し強盗事件などは相当起って居たようである。釜山警察署長は終戦の数日後には早くも内地へ逃亡していた。本日現在三十八度線以南在留邦人は七万二千人となり、去る二十一日以来一週間の間に約三万人の減少を見たことになる。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
以下は私田邉康雄のコメントです。

「やっと『韓国国旗』の掲揚が米軍から許可された」
と、父多聞は言っています。韓国は日本から独立を勝ち取ったと言っている韓国人にこのことを知ってもらいたい。米国が韓国国旗の掲揚を許可したのです。日本から独立を勝ち取って独自に韓国国旗を掲揚したのではありません。

「道知事は早くに罷免された」
と、父は言っています。釜山市を含む「慶尚南道」の知事のことです。
その当時、朝鮮総督府管轄になる「道」の知事の「半数は朝鮮半島人」でした。だから、内地人(日本人)の同知事を罷免しても業務に差支えなかったものでしょう。

―― この事実をどのように受け取られますか?
英国がインドを植民地支配していた際、インド人を州知事にしていたでしょうか。この事実は、私のテーマである「日本は朝鮮半島を「植民地」として「支配」は、これをしていません」を証明する情報のひとつだと私は思っています。私がFBにおけるこの投稿を継続する最大の意図は、「日本は朝鮮半島を植民地支配していなかった」ということを出来るだけ多くの、現在の日本人に知ってもらうことなのです。一方 ――。

「釜山警察署長は終戦の数日後には早くも内地へ逃亡していた」
と、父は言っています。
内地人の中にも色々な人がいました。すでに述べましたが、敗戦翌日に朝鮮総督阿部信行(陸軍大将)の家族のために、「機帆船を準備せよ」と父多聞が総督府交通本局長から命令を受けたことを書きました。これが敗戦後に受けた最初の命令だったことに父は立腹していました。

軍隊の長と言い、警察の長と言い、武士道はどうなっていたのでしょうか。それに比べて父多聞は、踏みとどまって戦勝国米国の軍隊に協力したことは「立派」と考えております。「負けっぷり」のよいことが、言いかえれば「いさぎよさ」です。これが武士道の基本です。父は武士(徳川家臣)の子孫だったからでしょうか。武士道は自然と身についていたのでしょう。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
―― 次回は(55)です。田邉康雄

投稿者: 田邉康雄 日時: 2014年06月18日 20:35 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読