生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 韓国は日本と米国の支援によって円滑に独立できました(53)。 | メイン | 韓国は日本と米国の支援によって円滑に独立できました(54)。 »

★エンジニアのためのリスクアセスメントの基本と、その進め方 講師:田邉康雄 開催日:2014年7月29日)主催者:新技術開発センター 場所:東京千代田区 受講料:35,000円/人(税�

申し込み先は、以下の通りです。
 〒102-0082
 東京都千代田区一番町
新技術開発センター 代表取締役 細井敏雄 様
℡ 03-5276-9033  FAX 03-5276-9034 

「有限会社田辺コンサルタント・グループのホームページで見た」と言われると、すぐ分かります。

当方でも電話(03-3776-2495)で受け付けます。その場合、「ホームページで見た」と言っていただけると、すぐ分かって失礼のないように応対できます。

リスクマネジメントの進め方の御案内をしました。

福島原発事故発生によってリスクマネジメント(RM)の必要性の「声」が高まっている中,これからのエンジニアと経営者にとってリスクに関するアセスメントとマネジメントの知識は必須です。にもかかわらず,リスクという言葉は知っていても,リスクマネジメントをどう推進するかはわからないというエンジニアが大半です。

本セミナーの内容は,講師が長年企業指導の経験の上に会得した指導ノウハウであり,リスクマネジメント専門誌に10回以上連載したものです。これに対して多くのリスクマネジメント専門家から絶賛を受けました。その内容をテキストとして提供します。お持ち帰りいただいて勤務先企業のために御利用できます。
本講座を受講して国際的に通用するエンジニアの力能アップをはかって下さい。

<受講をお勧めする方>
1.業種の如何を問わず,リスクマネジメントを身につけて企業経営に貢献したいと
  考えている方。
2.企業の「内部統制」,「コンプライアンス」,「コーポレートガバナンス」御担当者。
3.現在,企業のISO9001/14001/OHSAS御担当者で,その上位概念のリスクマネジメントを
  勉強したい方。
4.リスクマネジメントの本当の姿を理解し,自己力量を磨き,社業に貢献したいと
  願うエンジニア。
5.工場の安全設計,安全運転に携わるエンジニア。

「有限会社田辺コンサルタント・グループのホームページで見た」と言われると、すぐ分かります。

当方でも電話(03-3776-2495)で受け付けます。その場合、「ホームページで見た」と言っていただけると、すぐ分かって失礼のないように応対できます。

以上、御案内をしました。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2014年06月17日 00:00 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読