生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 韓国は日本と米国の支援によって円滑に独立できました(40)。 | メイン | 韓国は日本と米国の支援によって円滑に独立できました(42)。 »

韓国は日本と米国の支援によって円滑に独立できました(41)。


~ マッカーサー配下の米軍は、日本の官僚制度をそのまま韓国に引き継がせた。
  <日本は朝鮮半島を「植民地」として「支配」は、これをしていません>
           ~ 「植民地支配」の否定 ~


釜山に住んでいた父田邉多聞の、終戦直後の日記です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
10月28日
昨夜五時半赤崎倉庫より出火、猛烈な火勢に包まれてみるみる延焼。今朝に到るも尚鎮火せず盛んに燃え続けている。このため建設事務所のケーソンヤード全滅する。
本日あたりの物価、白米1升11円、牛肉百匁11~12円、乾パン1枚1円、スルメ5枚10円、程度。
10月30日
軍政庁発表、終戦後10月25日までの約二か月間の引揚げ輸送実績、軍人11万人、一般人8万人、内地より引揚げ朝鮮人16万人。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
以下は私田邉康雄のコメントです。

「軍政庁発表」という日記に御注目ください。米軍の政庁のことです。米軍が、韓国を支配していることがよく分かります。韓国が日本から独立したのではないことをよく知ってください。

―― 日本は連合国への降伏によって主権を失い、米国の軍政下に置かれました。そしてサンフランシスコ平和条約(1951年(昭和26年)9月 8日 調印、 1952年(昭和27年)4月28日 発効)によって米国から独立しました。

 韓国も、日本と「同時」に米国から独立すれば、話は「ややこしく」はならなかったのでしょうが、朝鮮進駐軍(米国第10軍第24軍団)指令官ホッジ中将が、「うやむや」の内に独立させてしまったと言われています。これはホッジの失政と言われています。ホッジは、フィリピン戦から、沖縄戦を戦い抜いた生粋の軍人であり、政策には疎い人であったと評価されています。

―― ホッジは面倒くさくなって投げ出した。
と、私は思っています。なぜなら、米軍が占領した朝鮮半島の南半分においては、民衆同志の政権争いが発生したからです。そしてその矛先は米軍にも向けられました。
この「政権争い」を韓国人と共同で研究している日本人がいますが、その研究成果を読んでみてもその「政権争い」が複雑でよく分かりません。その分かり難さは、日本歴史でいうと、鎌倉幕府末期に起きた『南北朝動乱』と足利尊氏による『室町幕府の成立』の時代に匹敵し、私はまだよく理解できていません。

―― 現段階で私の理解するところは以下の通りです。
「1948年5月10日に多くの反対を押し切って南単独で総選挙を強行、8月13日、李承晩を初代大統領とする韓国の樹立が宣言された。そしてホッジはこれを黙認した」と。

ウイキペディアによると、「南朝鮮では連合国の「軍政」に対して朝鮮人が蜂起する大邱10月事件が起きた。李王家の帰還を許さず、1948年5月10日に多くの反対を押し切って南単独で総選挙を強行、その年の8月15日(正しくは8月13日)、李承晩を初代大統領とする韓国の樹立が宣言され朝鮮半島南側だけの反共主義国家が成立した」と記述されています。なお( )で修正しましたが、「8月15日」とあるのは、「8月13日」の間違いだと思います。

「李王家の帰還を許さず」
と、記述しています。これを日本に当てはめて見ると「天皇の退位を国民がせまった」ということになります。こんなことは、日本では考えられません。

なお、韓国は「8月15日」を独立記念日としていますが、これは日本の終戦と同時に「日本から」独立したという(事実と異なる)ことを国民に「演出」するために「8月15日」としているものと私は思っています。

―― 一方日本内地においては、米国進駐軍に対する民衆の蜂起などは、(民間人を攻撃目標にした都市無差別焼夷弾攻撃や広島長崎原爆投下を受けたにも拘わらず)一切発生していません。まったく空襲を受けなかった南朝鮮において「米軍」に対する民衆の蜂起が起ったことと対照的でした。

日本の国民は整然と進駐軍に従う道を選びました。ここに長い天皇制の歴史に裏付けされた「民度」の差があるような気がしてなりません。
日本人の「負けっぷり」の「よさ」は世界に誇ることのできる「偉業」だったと私は考えています。天皇陛下が国民の心の支えとなっていたことが偉業の原因だったのでしょう。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
―― 次回は(42)です
田邉康雄

投稿者: 田邉康雄 日時: 2014年03月17日 06:11 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読