生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 韓国は日本と米国の支援によって円滑に独立できました(39)。 | メイン | 韓国は日本と米国の支援によって円滑に独立できました(41)。 »

韓国は日本と米国の支援によって円滑に独立できました(40)。


~ マッカーサー配下の米軍は、日本の官僚制度をそのまま韓国に引き継がせた。
  <日本は朝鮮半島を「植民地」として「支配」は、これをしていません>
           ~ 「植民地支配」の否定 ~

釜山に住んでいた父田邉多聞の、終戦直後の日記です。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
10月27日
 埠頭に於ける引揚者の荷物検査の状況を見分する。老人などは到底自力では持てないような荷物をとにかく釜山までは持参して来るのだがさて貨物から2、300米の距離を自分で持って歩くことは無理である。それでも何とかして内地へ帰ろうとして担い歩く有様は悲惨で見ても居られないで力尽きて倒れるものあり。或いは折角ここまで持って来て居ながら捨て去るものもある。これを助力することは禁ぜられているのでどうにもならぬ。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
以下は私田邉康雄のコメントです。

老人に対する助力が禁じられていた。やはり、戦争です。戦争に負けるとは、こういうことだと改めて実感します。

―― 何べんも書きますが、負ける戦争はしてはならないと思います。戦争は国家の権利ですら、私は「戦争反対者」ではありません。戦争をするなら、「勝つ」か、最低限として「引き分け」が必要です。

―― 話違いますが、私が父多聞の日記をFBにおいて紹介している理由、それはどこにあると思っておられるでしょうか? 

最初にその理由を開示しましたが、途中から御覧になっておられるFBFの方は、もしかしたら御存じないかもしれないと思って改めてその理由を紹介します。

―― 韓国は、「日本から独立した」と主張しています。しかし実際に韓国が日本から独立した事実はありません。米国から独立しました。米国は日本を占領して軍政下に置き、日本は米国から独立しました。米国は韓国を占領して軍政下におき、韓国は米国から独立したのです。

―― 大東亜戦争においては、韓国・北朝鮮は(植民地ではなく)「日本」であり、今の韓国・北朝鮮の方々の御先祖様は、日本人として連合国と戦ったのです。その韓国が、どうして日本から独立したなどと言えるのでしょうか。
正しい近現代史を習っていない、多くの日本人の(そのことに関する)無知に付け込んで意図的に主張していると言わざるを得ません。

そのことを明確にする目的で、敗戦直後の釜山の事情を、父多聞の日記を借りて明確にしているものです。

繰り返しますが、このようなことは日本の教科書に書いてないので多くの日本人は御存じありません。ですから、知っている私が真実を紹介する責務があると思って頑張っています。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
―― 次回は(41)です。田邉康雄し

投稿者: 田邉康雄 日時: 2014年03月12日 10:08 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読