生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 柳営会とは(19)・・・幕臣子孫の会 | メイン | 韓国は日本と米国の支援によって円滑に独立できました(1)。 »

NHK歴史秘話ヒストリア~明治の京都復興物語、大河ドラマ「八重の桜」の山本覚馬と田邉朔郎

昨夜(2013AUG28)NHK総合「歴史秘話ヒストリア」番組において大河ドラマ「八重の桜」にでてくる八重の兄、山本覚馬とともに私田邉康雄の祖父田邉朔郎が紹介されました。

私も視聴しましたが、番組の骨子は以下の通りでした。

京都は、幕末動乱(禁門の変)において焼野原となり、かつ、天皇陛下が東京へ御移り(遷都宣言の無い遷都)になって衰退した。これを山本覚馬は、「外国人観光客」の誘致により、つづいて田邉朔郎は一兆円プロジェクト、琵琶湖から京都へ「多目的運河」(琵琶湖疏水)の建設により京都を復興させた。朔郎は、日本初の売電事業用水力発電を成功させ、日本初の電気鉄道を可能にした。前者の「外国人観光客の誘致」は、現在の「国際観光都市京都」、後者の「琵琶湖疏水」は「先端科学技術都市京都」の礎になった。

田邉朔郎は、後に北海道の鉄道敷設、世界初の海底鉄道(関門トンネル)、新幹線計画など82歳で亡くなるまで第一線で活躍した。

以上が番組内容の要約でした。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2013年08月29日 10:07 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読