生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 日韓歴史問題の生き証人一家が、現在の日韓関係を嘆く。 | メイン | 京都「在住・出身」の方へ  NHK歴史秘話ヒストリアを見てください。 »

柳営会とは(18)・・・幕臣子孫の会

「柳営会とは(17)」からつづきます。「柳営会」を簡単に言うと「幕臣子孫の会」です。

 前回は、・・・・・

・・・・・私から7代遡った田邉次郎大夫貞斎の墓碑を紹介しました。今回は、5代遡った田邉石庵を紹介します。『大日本人名辞典(三)』講談社、昭和55年8月10日第一刷発行の『タナベ セキアン』の項をそのまま引用します。

田邊石庵 儒者、名は誨輔、字は季徳、號は石庵、通称は新次郎(一に晋二郎に作る)、尾張の人なり。もと村瀬氏、少なうして秦鼎に従いて学ぶ。會々藩士(幕臣の誤り)大番与力田邊次郎太夫(克忠)養うて子と為す。後、昌平黌出役となり出役中甲府徽典館学頭となる。自抄の史多し。當時唐本の舶来極めて少なく、殊に清人の著述は少中の少なり。石庵謂へらく、隣国現今の形勢を知るは急務なりと。清の地志及び清人の詩人の文詩集その他雑書に就き左右採擷(択?)し、以て八百餘人の清朝名臣名士傳を撰す。世に傳ふるところの清名家小傳これなり。また文を学ぶもの或いは近世の文を見る能はざるを憐み、其の正しきものを撰び清の朱竹拕より遡って明の帰震川、王遵岩、唐荊川、王陽明、方正学、宋潜渓の文粋を編せり。著す所他に続左傳合案、史漢合解、国策論文、清名家外傳等あり。また書を弄ぶ。安政三年十二月十二日歿す。年七十六、二子あり長男孫次郎、號は勿庵(堂の誤り)。西洋流花術を以て世に顕はる。早く死す。子あり朔郎といふ。次男太一、號は蓮舟。石庵の墓は浅草區東本願寺本堂の裏にあり(吉田賢輔氏編)。


この「柳営会とは」の項をお読みになって、「柳営会会員資格がある」と思い、かつ、入会したいと思う方は私田邉康雄に御連絡ください。入会資格があるかも知れないと私が思った場合は、柳営会の事務局へ紹介申しあげます。


「柳営会とは(19)」へつづきます。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2013年08月24日 07:00 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読