生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« ★生涯現役エンジニアになろう(通算17回目)、主催:新技術開発センター、開催日:2013年9月11日(水)、場所:千代田区一番町新技術開発センター研修室、講師:田邉康雄 | メイン | ★生涯現役エンジニアになろう(通算18回目)、主催:新技術開発センター、開催日:2013年9月13日(金)、場所:大阪市天王寺区東高津町7-11、大阪市教育会館、講師:田邉康雄 »

柳営会とは(11)・・・幕臣子孫の会

「柳営会」を簡単に言うと「幕臣子孫の会」です。「柳営会とは(10)」からつづきます。

家格が高くない田邉家、即ち基本給がさほど多くはない田邉家はハングリーであり、幕府公認の副業である学問に励みました。これは将軍吉宗の治世の下で制定された「足し高」制度による基本給への加算給を当てにした副業でした。


もともと家康公が制定した家禄は、その禄高の中で軍事の責任を持つという意味をもっていました。しかし平和な時代となり、軍事以外の経費の嵩む役目が増えてくると従来の仕組みでは対処できなくなってきました。
例えば江戸の人口が増え、町奉行の仕事が煩雑になると、などを遂行するためには、家禄だけでは十分には遂行できませんでした。吉宗はここに改革の手を入れたものです(享保の改革)。

この「柳営会とは」の項をお読みになって、「柳営会会員資格がある」と思い、かつ、入会したいと思う方は私田邉康雄に御連絡ください。入会資格があるかも知れないと私が思った場合は、柳営会の事務局へ紹介申しあげます。

「柳営会とは(12)」へつづきます。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2013年07月31日 16:33 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読