生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« ★大河内生産賞【特賞】を受賞したプロジェクトXから学ぶ、パイロットプラントを省略させて成功させる「化学プラントの設計/建設/安全運転の基本」【2012年9月27日】【東京】 | メイン | ★ISO自己宣言の時代が目の前に迫っています。そのコンサルタントを(株)新技術開発センターが長期計画を立てて育成します。田邉康雄は育成講師を拝命しました。【10月5日】【東京】 »

田邉康雄は『岩倉使節団随行幕臣子孫の会』を立ち上げました。

岩倉使節団とは、高等学校の教科書にも載っているので説明の必要はないと思います。しかし記憶を新たにしていただくために若干の説明を加えます。

団長は、岩倉具視でした。以前、五百円札の顔でした。岩倉使節団とは、彼を全権大使をリーダーとする遣米欧使節団のことです。出発は、1871(明治4)年11月15日であり、帰国は1873(明治6)年9月13日でした。副団長は、伊藤博文、大久保利通、木戸孝允、山口尚芳の四人でした。

訪問先、米欧列国政府のアポ取り、スケジュール調整、本国との通信、旅費送金、通訳など、使節団を支えた裏方が、旧徳川幕府の外国奉行所に勤務していた幕臣団です。14名中13名までが旧幕臣でした。これを岩倉使節団随行幕臣と称します。そのまとめ役が随行書記官長田邉太一でした。それら幕臣の子孫は、現在のところ私を含めて三人が判明しています。

今回、とりあえず『立ち上げ宣言』をしました。『柳営会』の会員であり、かつ、田邉太一の甥の孫である私にしか宣言できる人はいないと思った上での『挙手』です。先生に指される前の挙手ですから、早まって「手を上げた」かもしれません。しかし今後、賛成者が出てきて何らかの活動ができれば、これに越した幸せはありません。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2012年08月13日 11:48 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読