生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« ★爆発火災をおこす危険有害な化学物質の安全な取扱い方法。【8月5日】東京JR田町駅徒歩2分【建築会館(東京)】【日本労働安全衛生コンサルタント会】【会員10,000円】【非会員20,000円 | メイン | ★大河内生産賞【特賞】を受賞したプロジェクトXから学ぶ、パイロットプラントを省略させて成功させる「化学プラントの設計/建設/安全運転の基本」【2012年9月27日】【東京】 »

★爆発火災をおこす危険有害な化学物質の安全な取扱い方法。【9月9日】【大阪リバーサイドH 】【日本労働安全衛生コンサルタント会研修会の一部】【20,000円】【講師田邉康雄】

来る2012年9月9日(日)に公益社団法人日本労働安全コンサルタント会が主催する研修会が開催されます。これは厚生労働大臣登録の労働安全コンサルタント、ならびに労働衛生コンサルタントを対象とした研修会です。分かり易くいうと、労働安全衛生のプロを対象とした研修会です。会場の【大阪バーサイドホテル 】は、大阪環状線JR桜ノ宮駅より徒歩1分のところにあります。会場の【大阪バーサイドホテル 】は、大阪環状線JR桜ノ宮駅より徒歩1分のところにあります。

―― ここへ私田邉康雄が研修講師の一人として選任されました。これは安全プロへ‘安全’を教えると言うことであり安全プロの私も身の引き締まる思いです。同時に感激しています。1994年に厚生労働大臣登録の労働安全コンサルタント試験に合格してコンサルタント会に入会して以来磨いた、この「爆発火災危険有害な化学物質の安全」分野における知識・経験が、評価されたからです。ここへ来るまで、17年かかりました。

―― ところで化学物質による労災といえば、最初に頭に浮かぶものは‘慢性毒性’でしょう。それを防止するために化学物質の「管理区分」が定められています。慢性毒性による区分です。しかし今回の研修内容は、慢性毒性は後回しにして‘急性毒性’を優先します。これを優先する理由は次のとおりです。すなわち急性毒性物質は恐ろしい。取扱い方をまちがうと直ちに死ぬ。慢性毒性物質も恐ろしいが、死ぬのは将来。

―― 日本労働安全コンサルタント会の研修会ですが、一般の方も参加可能です。企業、とくに化学会社の安全担当者は是非御参加ください。開催時間は、9:45~16.45であり、4人の研修講師がしゃべります。私はその一人であり、持ち時間は一時間半です。他の研修講師の話も大変参考になるものばかりです。私も毎年受講していますが、安全の仕事に大いに役立っています。

―― 会費は以下の通り。
会員: 11,000円
非会員:20,000円。

いずれ該コンサルタント会のホームーページに載るので、内容を確認してください。
http://www.jashcon.or.jp/

あるいは、私田邉康雄に電話または電子メールでお問合わせください。
電話 03-3776-2495 
電子メール tanabe-yasuo@tanabe-consul.jp

投稿者: 田邉康雄 日時: 2012年03月29日 08:25 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読