生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 田辺太一蓮舟のつぶやき(twitter) 翁の著書:幕末外交談から(5-2) | メイン | 田辺太一蓮舟のつぶやき(twitter)翁の著書:幕末外交談から(5-4) »

田辺太一蓮舟のつぶやき 翁の著書:幕末外交談から(5-3 )

前ブログからつづく。Continued from the former blog.

最初の訪問国で頭を叩かれたたと前ブログで書きました。しかし使節団首脳は賢明でした。変身したのです。不平等条約を改定するには、国力を背景にしなければ話が進まないことを理解しました。そして失意の地、アメリカを去ってイギリスに渡った際に伊藤博文が動きました。

In the previous blog, I wrote, ‘They got disappointed when they began negotiating with the U.S. Government and they failed.’ They understood that the treaty could not be revised until the strength of Japan was enhanced. They were all got disappointed and left America. However, the members of the delegation were cleaver enough to change them. Their next destination was Europe where Hirobumi Ito started taking action.

次ブログへつづく。Continue to the next blog.

投稿者: 田邉康雄 日時: 2011年12月31日 11:57 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読