生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 爆発死亡事故を起こした東ソー塩ビ工場は、先輩エンジニアの安全技術を必要に応じて伝承しているか(7)。 | メイン | 爆発死亡事故を起こした東ソー塩ビ工場は、先輩エンジニアの安全技術を必要に応じて伝承しているか(8)。 »

京都の命の水、琵琶湖疏水の設計者、田邉(辺)朔郎とそれを命じた正二位男爵枢密顧問官北垣国道が義理の親子 ― 子孫が語る(6)

前ブログからつづきます。

当時、日本の重要な工事はすべて外国人技師の設計監督に委ねていました。琵琶湖疏水については外国人技師達は不可能だといいました。そこで琵琶湖疏水はずべてが日本人の手によって行なわれました。この工事の完成をもって早くも明治中期に日本の土木技術の独立がなりました。

―― 工事には近代工法を取り入れました。トンネル掘削には日本で最初の縦坑工法で工期短縮しました。山の途中で二箇所縦坑を堀り、トンネルの中間から両側に向かって進みました。掘削深度を浅くするために地形の沢の部分を選びました。ですから湧水に悩まされました。現在なら地形の尾根を選ぶでしょう。

―― インフラストラクチャーの整備されていないあ時代のことで大変な苦労がありました。例えば、電力が無いのでトンネル内部の照明はカンデラでした。湧水汲出しポンプは蒸気駆動。煉瓦は自製。技術者・技能者は現場で教育。ダイナマイト、雷管、導火線、セメントは輸入品でした。

次ブログへつづきます。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2011年11月21日 10:08 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読