生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 片山東熊(国宝迎賓館の設計者)と田邉(辺)朔郎(京都の命の水、琵琶湖疏水の設計者)が義理の兄弟 ― 姻戚子孫が語る(4) | メイン | 爆発死亡事故を起こした東ソー塩ビ工場は、先輩エンジニアの安全技術を必要②応じて伝承しているか(1)。 »

片山東熊(国宝迎賓館の設計者)と田邉(辺)朔郎(京都の命の水、琵琶湖疏水の設計者)が義理の兄弟 ― 姻戚子孫が語る(5)

前ブログからつづきます。
 

―― 片山東熊は、1979(明治12)年に工部大学校を造家科第一期生として卒業し、直ちに工部省へ入省しました。そして1989(明治22)年に宮内省内匠寮に転省しました。そして1904(明治37)年から1915(大正4)年まで内匠寮の長官である内匠頭を拝命していました。

―― 田邉朔郎は、1983(明治16)年の土木科第五期生ですから、二年間だけ片山東熊と田邉朔郎は工部大学校において同窓生だったことになります。

―― 田邉朔郎の姉、鑑子(てるこ)が片山東熊に嫁いだ縁は、おそらく工部大学校での二人の縁であったと私は想像しています。それにしても明治武力革命をしかけた長州軍の人間に対して、負けた徳川幕府の幕臣の娘が嫁に行ったとはおどろきです。しかも戦争から、20年しか経過していないのに。

片山東熊と田邉朔郎の話はいったんここで中断し、明日から朔郎の岳父北垣国道の話をします。北垣国道も長州人です。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2011年11月14日 21:10 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読