生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 爆発死亡事故を起こした東ソー塩ビ工場は、先輩エンジニアの安全技術を必要に応じて伝承しているか(11)。 | メイン | 京都の命の水、琵琶湖疏水の設計者、田邉(辺)朔郎とそれを命じた正二位男爵枢密顧問官北垣国道が義理の親子 ― 子孫が語る(10) »

最近の社内技術者研修の実績 ― 安全大会、安全講演、危険予知KYK、行動災害防止、設備災害防止(3)。

前ブログからつづきます。

今年の平成23年6月10日に社団法人日本労働安全衛生コンサルタント会東京支部から公募がありました。八王子労働基準協会様が八王子地区安全大会での安全講演をコンサルタント会所属の安全コンサルタントにやってほしいと。募集すると。で、私は応募しました。すると選ばれました。さっそく連絡をとりました。労働基準協会ですから、事務局長は元監督官です。その方が言われるには、監督官の話とはちがう、肩の凝らない話をしてほしいと。もちろん、安全に関する話です。これを受けてタイトルを提案しました。「福島原発危機に見る安全」と。事務局長様はお喜びになり、言われました。「それがよい」と。合意しました。以下は前ブログからのつづきです。
講演時間は、60分です。そしてコンサルタント会が提示した講演料は、70,0000円でした。これで承りました。

―●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●―
1) 官僚組織特徴 ― 無謬性 ー 失敗はない。欠点はあるが、それを大きく上回る美点がある。日本の官僚と官僚組織の質は世界一。
2) さて本日の話題、安全 ― 欲求5段階説(マズロー) 
3) 努力が必要 ― 安全は、人間の基本的欲求であるが、これを得るには努力しないと得られない。
4) 絶対安全 ― この言葉を求める福島周辺住民。東電は、求めに応じて絶対安全を保証した。しかし、ひとたびこの言葉を使用すると、最悪の事態は想定できない。想定しない最悪の事態の事態に対しては、対策が立てられない(予算が付かない)。だから最悪事態が発生する。
5) 関連してもうひとつ、ゼロ災? ― これが目標? ゼロを達成するには無限大コストが発生する。よってゼロは、結果への期待に過ぎない。 念仏(南無阿弥陀仏)のようなもの。
6) 話し変わってハインリッヒの経験則 ― 1:29:300はもう古い。使うなら適用範囲を限定しなければならない。
7) これに対して田辺の経験則 ― 300:29:1(逆三角形)
8) 災害の原因によって適用可/不可 ― 行動災害(ハインリッヒ則)、設備災害(田辺則)
9) いくら言っても分からない。― 痛い思いをするまでは。
痛い思いをすること(お勧め)。― 会社の外で(経営者の本音)。それを持ち寄る。他人の経験を自分の経験とする。

次ブログにつづきます。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2011年11月25日 07:27 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読