生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 京都の命の水、琵琶湖疏水の設計者、田邉(辺)朔郎とそれを命じた正二位男爵枢密顧問官北垣国道が義理の親子 ― 子孫が語る(3) | メイン | 爆発死亡事故を起こした東ソー塩ビ工場は、先輩エンジニアの安全技術を必要に応じて伝承しているか(5)。 »

京都の命の水、琵琶湖疏水の設計者、田邉(辺)朔郎とそれを命じた正二位男爵枢密顧問官北垣国道が義理の親子 ― 子孫が語る(2)

前ブログからつづきます。

京都の琵琶湖疏水を最初に説明します。拙著「びわ湖疏水にまつわる、ある一族のはなし」のプロローグ(びわ湖疏水の概要)を、言葉つかいの修正等だけ加え、略そのまま紹介します。

―― 琵琶湖疏水とは、今から120年前に作られた、琵琶湖から京都市へ水を運ぶ用水路です。2011(平成23)年の現在、京都市が世界遺産登録を目指しています。第一期工事とも言うべき第一疏水と、後に造られた第二疏水からなります。

―― 第一疏水は、交通、感慨、動力、飲料水確保など多目的です。全長約20キロメートル、流量は毎秒約8立方メートルです。舟が通れる構造をとり、滋賀県大津市から山科を経由して京都市三条蹴上のウエスチン都ホテル京都の前で京都市内に注ぎます。

―― 途中にトンネルが4箇所あり、その総延長は約4キロメートルです。その中で最長のトンネルは、大津・山科間の長等山トンネルであり、約2.5キロメートルです。

次ブログへつづきます。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2011年11月18日 17:38 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読