生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 片山東熊(国宝迎賓館の設計者)と田邉(辺)朔郎(京都の命の水、琵琶湖疏水の設計者)が義理の兄弟 ― 姻戚子孫が語る(1) | メイン | 片山東熊(国宝迎賓館の設計者)と田邉(辺)朔郎(京都の命の水、琵琶湖疏水の設計者)が義理の兄弟 ― 姻戚子孫が語る(3) »

片山東熊(国宝迎賓館の設計者)と田邉(辺)朔郎(京都の命の水、琵琶湖疏水の設計者)が義理の兄弟 ― 姻戚子孫が語る(2)

前ブログからつづきます。

―― 琵琶湖疏水の敷地内に、片山東熊が設計した建物があります。レンガ作りの小さな建物です。第一疏水京都側の最終トンネルである日ノ岡山トンネルの京都側出口の、トンネルに向かって右側の運河沿いにある、現在使中の“九条山浄水場”取水ポンプ室です。

―― この建物は、京都御所を守るために設置された“防火用水取入れ口”の建物でした。田邉朔郎は、揚程(水を上げる高さ)の大きなポンプがなかった時代に落差圧を利用して高所への散水を可能としたものです。

―― この落差式防火水システムは、宮内省内匠寮(たくみりょう)の長官、内匠頭(たくみのかみ)片山東熊が朔郎に頼んで設計・建設してもらったものです。1912(明治45)年に完成しました。

次のブログにつづきます。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2011年11月12日 07:10 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読