生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 田辺(田邉)太一蓮舟のつぶやき 翁の著書:幕末外交談から(2-22) | メイン | 田辺(田邉)太一蓮舟のつぶやき 翁の著書:幕末外交談から(2-24) »

田辺(田邉)太一蓮舟のつぶやき 翁の著書:幕末外交談から(2-23)

前ブログからつづきます。


―●○●○●○●○●○●―
自分の持論に関して田邉太一はつぶやく。
<もうひとつの幕末>
ペリー来航はオランダ人を通じて一年前から分かっていた。だから国是を開国と定め、そのための港湾の準備をし、ペリーが来たときにそのことを通告すればそれで何事もなかった。そうすれば貿易で現金を稼ぎ、小栗上野介の路線にしたがって軍備増強して別の形の幕末があった。阿部正弘が無策のまま朝廷に伺いを立てたものだから、薩長に付け込まれた。

<横浜開港で現金稼ぎ>
勘定奉行小栗上野介は、現金がないと最新式武器の購入ができないことをよく知っていた。だから阿部正弘が幕府直轄地に限って“開港”と国是を定めて諸藩に通告すれば、それでよかった。開港地に貿易市場を開いて税金を徴収し、幕府自らも貿易して現金を稼ぎ、江戸城の金庫を豊かにする。これを背景にして英国/フランスから武器を購入することができた。

―●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●―
次のブログにつづきます。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2011年11月07日 09:50 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読