生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 田辺(田邉)太一蓮舟のつぶやき 翁の著書:幕末外交談から(2-20) | メイン | 田辺(田邉)太一蓮舟のつぶやき 翁の著書:幕末外交談から(2-22) »

田辺(田邉)太一蓮舟のつぶやき 翁の著書:幕末外交談から(2-21)

前ブログからつづきます。

―●○●○●○●○●○●―
兄孫次郎に関して田邉太一はつぶやく。
<洋式銃砲の先駆者>
長崎で育った高島秋帆は西洋の炸裂弾元込め式大砲”と“椎の実型鉄砲玉薬きょう式銃”が日本の“丸型砲弾先こめ式火縄砲/銃”よりはるかに大きな破壊力/殺傷力をもつことを知って愕然とした。そこで幕府に建議し、採用されて“徳丸が原”の実射演習を披露した。ペリー来航の12年も以前のことだった。秋帆の弟子兄孫次郎も演習に指揮官として参加した。

<先駆者を潰す愚かな幕府>
高島秋帆は幕府の中に巣くっていた因習姑息の輩の讒訴に会い、1842(天保14)年に長崎で逮捕/家名断絶となった。秋帆の弟子兄田邉孫次郎は、秋帆の志を継いで講武所を設立し、西洋砲術教授となった。惜しいことには、江戸に流行した麻疹に罹病して1863(文久3)年に死亡した。生きていたら薩長を凌駕する強力陸軍を育成したであろう。甥朔郎が幼くして家督相続した。

<幕府には現金がなかった>
幕府には大砲や鉄砲を買う現金がなかった。現金とは銀貨と金貨である。流通はしているが通過供給量が十分ではなかった。米本位制を守ってきた幕府に付けが回ってきたのだ。だから勘定奉行の反対に会って讒訴された。幕府にも悪人がいるものだ。一方、薩長は現金をもっていた。薩摩は密貿易、長州は関門海峡の通行料、肥前は陶磁器、土佐は樟脳によって稼いだ。

―●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●―
次のブログにつづきます。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2011年11月05日 08:26 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読