生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 最近の社内技術者研修の実績 ― 安全大会、安全講演、危険予知KYK、行動災害防止、設備災害防止(4)。 | メイン | 爆発死亡事故を起こした東ソー塩ビ工場は、先輩エンジニアの安全技術を必要に応じて伝承しているか(13)。 »

京都の命の水、琵琶湖疏水の設計者、田邉(辺)朔郎とそれを命じた正二位男爵枢密顧問官北垣国道が義理の親子 ― 子孫が語る(11)

前ブログからつづき、山内昌之先生の産経新聞記事を紹介します。2011年11月24日と2011年11月17日の記事です。

私は明治の政治家は、明治武力革命を仕掛けて勝利した軍人であったと理解しています。ですから、腹の据わり方が違います。彼らはつねに死に場所をもとめて働いています。

―― 山内昌之先生は北垣国道を評して言われます。「幕末明治の面白いのは、こうした生粋の革命家が民政家に転じても業績を上げる人物の多かったことだ」と。

―― 私は、このことは徳川時代の武士が受けた倫理教育に根づいていると考えています。自分のことよりも、公(自分が属する組織)のことを優先して考えるという習慣からくると考えます。

―― さらにいうと、彼らは死をおそれてはいませんでした。立派に死ぬことが、立派に生きることだと理解していました。確かに立派に死んだ人は、今でも私たちの記憶の中で立派に生きています。例を挙げましょう。

―― 明治の元勲、大久保利通、西郷隆盛、伊藤博文はいずれも死を覚悟して仕事をしていました。そう私は考えています。彼らは死に場所をもとめて仕事をしていました。彼らは徳川時代の武士ですから、彼らの関心事は「いかに立派に死ぬか」でした。そして立派に死んで今も私たちの記憶の中で生きています。彼らを私は尊敬しています。

次ブログへつづきます。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2011年11月26日 10:16 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読