生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 田辺太一蓮舟のつぶやき 翁の著書:幕末外交談から(2-4) | メイン | 人気投票おねがいします! フジサンケイのアワード2011応募した弊社の事業、「生涯現役エンジニア」育成事業は10月20日現在、211社中29位です。ひとりで毎日投票できます。 »

田辺太一蓮舟のつぶやき 翁の著書:幕末外交談から(2-5)

田邉太一のつぶやきが、前ブログからつづきます。

―●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●―
戊辰戦争に関して田邉太一はつぶやく
<維新ではない。武力革命だ>

薩長政府は明治“維新”と名づけているが、実際は明治”武力革命“だった。地方に住む下級武士が中央に住む上級武士に挑んだ革命だった。国民の大多数を占める農民、職人、それに商人は参加しなかった。即ち国民の5%以下を占めるに過ぎない武士の間の武力闘争だった。その結果、中央と地方の政権交代が起こった。徳川幕府が薩長政府に置き換えられたに過ぎない。

<江戸城無血開城>
江戸城明け渡しの時は、私は目付だった。将軍の前で発言できるなど、厄介の身から大変な出世である。勘定奉行小栗忠順(上野介)の側につき、勝海舟の無血開城派と対峙し、薩長に対して徹底抗戦を主張した。それまでに取った国益優先の行動と矛盾しているが、パリ万博出品の際、薩摩の独立旗を掲げるなど汚いやり方に憤慨した結果だ。薩摩だけは許せない。

<小栗上野介と近藤勇>
私は親しい榎本、大鳥、荒井の三人と組んで小栗側に立ち、薩長に弓引いた。敗れた三人は幕府艦隊を率いて北海道函館でなおも弓引いた。しかし小栗上野介は、帰農して恭順した。これを薩長は捉えて斬首した。京都で薩長を殺戮した新撰組の近藤勇を捉えて斬首したが、国家を思う公憤の小栗と武士に出世することを夢見た私欲の近藤を同列に見るなど薩長は許せない。

―●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●―
次のブログにつづきます。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2011年10月20日 08:08 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読