生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 田辺(田邉)太一蓮舟のつぶやき 翁の著書:幕末外交談から(2-15) | メイン | 田辺(田邉)太一蓮舟のつぶやき 翁の著書:幕末外交談から(2-17) »

田辺(田邉)太一蓮舟のつぶやき 翁の著書:幕末外交談から(2-16)

前ブログからつづきます。


―●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●―
娘龍子に関して田邉太一はつぶやく。
<三宅花圃>
娘龍子が朔郎とその姉鑑子をモデルにして1888(明治21)年に「薮の鶯」を書いて明治の女性小説家の先駆者三宅花圃となった。薩長政府から外されて、福地源一郎等と鬱憤晴らしで遊興費がかさみ家計が苦しかった際、長男次郎一が死んだ。葬式代を稼ぐために龍子が頑張った。坪内逍遥の当世書生かたぎを見て、このくらいなら自分も書けると思ったそうだ。

<樋口一葉>
樋口一葉が娘龍子と同時期に萩の家にいた。龍子の薮の鶯をみて「このくらいなら私も書ける」といって書いた小説が一葉の処女作「闇桜」だ。娘もよいことをした。当時、鹿鳴館時代であり、舞踏会へしばしば行っていた。父親の私は元老院議官に外されて不満だったが、龍子が鹿鳴館では元老院議官の娘として立派にお役に立っていたのは嬉しい。

―●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●―
次のブログにつづきます。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2011年10月31日 16:54 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読