生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 田辺(田邉)太一蓮舟のつぶやき 翁の著書:幕末外交談から(2-14) | メイン | 田辺(田邉)太一蓮舟のつぶやき 翁の著書:幕末外交談から(2-16) »

田辺(田邉)太一蓮舟のつぶやき 翁の著書:幕末外交談から(2-15)

前ブログからつづきます。

―●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●―
私は長崎から江戸に戻り林大学頭の周旋によって外国奉行所に職を得た。ペリー来航の直後だったので仕事は山ほどあった。最初は、記録を作成したり、原案を書き写したりの単純な仕事だったが、次第に自分の考えで進めるような仕事をもらった。そしてスピード出世して父石庵と同額俸禄200石取りの組頭になった。厄介の身から晴れて幕臣である。徳川には恩義がある。

<国益優先>
昌平坂学問所で得た世界情勢に関する知識と長崎海軍伝習所で得た欧州の技術知識が役に立った。鎖国を続けていたら、欧米列強の植民地にされることは火を見るよりも明らかだった。薩英戦争と長州四カ国戦争は、これらの処置を幕府が誤ると清国のアヘン戦争の二の舞となるところだった。尊王攘夷を振りかざす薩長を抑えて列強と上手に交渉したのは幕府だった。

<二度の遣欧使節 ⇒ 二度とも譴責>
私は得た地位の保身には走らず、自分のことよりも国家のことを考え、植民地にされないことだけを考えた。代々儒学を修めてきた家に生まれたものとしては当然の倫理であった。国益を考えて行動した結果、2度も職を解かれた。しかし短期間で復職をゆるされた。私利私欲で動いたのではなくて、国家のために思うところがあって動いたので評価されたと思う。

―●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●―
次のブログにつづきます。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2011年10月30日 08:54 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読