生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« エネルギーマネジメントシステムISO50001要求事項とその対策(22) | メイン | エネルギーマネジメントシステムISO50001要求事項とその対策(24) »

エネルギーマネジメントシステムISO50001要求事項とその対策(23)

ISO14001からISO50001で追加になった要求事項とその対策を1条項ずつ説明していますが、このブログは、追加6 条項4.5.6対応策に対する対応策について書いています。

以下の通りです。
• 主要En消費設備の設計を実施する場合は、他の同様プロセスと比較して合理的な決定をしたことを証明できる記録を残す。
•  理論的にはさらに有利なプロセスが考えられるとしても、技術的操業難易度が高いので、それを棄却したという場合は、その論理構成を記録に残す。


<セミナー開催>
 本件に関して株式会社新技術開発センターにおいて今年の秋、公開セミナーをやります。日時は、2011年11月15日です。場所は、千代田区一番町17-2一番町ビル(東京メトロ半蔵門駅徒歩2分)株式会社新技術開発センター研修室、受講料は一人39,800円です。
受講御希望の方は、株式会社新技術開発センターへ電話で直接お申込みください。電話は、 03-5276-6033です。

あるいは、以下のURLから直接申し込めます。
http://www.techno-con.co.jp/item/17073.html


では、次ブログへつづきます。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2011年09月21日 08:00 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読