生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« エネルギーマネジメントシステムISO50001要求事項とその対策(12) | メイン | エネルギーマネジメントシステムISO50001要求事項とその対策(13) »

★生涯現役エンジニアを目指す方へ 平成24年度エンジニアのための中小企業診断士一次試験・二次試験合格のポイント。新技術開発センター主催 機械振興会館研修室【12月17日(土)

生涯現役エンジニアを達成するには、有力資格が必須です。そしてエンジニアなら、技術士はもっていて当たり前です。逆にいうと、技術士ももっていないエンジニアが、生涯現役エンジニアを目指しても成功しません。技術士をもっていることを必須条件とし、これを補強する幾つかの資格が必要です。現に私はやりました。その補強資格のひとつが中小企業診断士です。

中小企業診断士とは経営コンサルティングに関する唯一の国家資格です。それだけに試験の難易度は高くなっています。中小企業支援法に基づいて経済産業大臣が登録する資格です。生涯現役エンジニアを目指す人にとって見逃せない資格のひとつです。

柴崎理先生と近江良和先生が中小企業診断士試験の受験勉強のやり方を説明された後で、私田邉康雄が中小企業診断士等の資格でもって技術士を補強し、三菱化学を60歳で定年退職した後、いかなる組織にも雇用されることなく、75歳の今日までに150,000,000円(1億5千万円)を稼いだ実例を開示します。

私の話はさておいて、現在の不況と高齢化社会の到来を見据えて資格取得に励む人が多いことを知るよいチャンスです。そしてこのことに鼓舞されることが今後の人生を変えると思います。

このセミナーは、以下のURLを開けば、そこから申し込めます。
http://www.techno-con.co.jp/item/17106.html

あるいは、電話 03-5276-9034 へ申し込むこともできます。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2011年09月10日 12:57 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読