生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 田辺太一蓮舟のつぶやき―翁の著書:幕末外交談から(1-4) | メイン | エネルギーマネジメントシステムISO50001要求事項とその対策(2) »

エネルギーマネジメントシステムISO50001要求事項とその対策(1)

“エネルギーマネジメントシステム―要求事項および利用の手引き“が、今年(2011)6月15日に発行されました。私田邉康雄は、日本規格協会から”英和対訳版“(¥14,175)を取り寄せて熟読/解析しました。

―― その結果、以下の事実が判明しました。ISO14001の要求事項条項18項目に対して7条項追加され、26条項に膨らんだこと。ISO14001をPDCA、即ち「Plan ⇒ Do ⇒ Check ⇒ Act」で表現すると、「P」で3条項、「D」で4条項追加となったこと。

―― 精査したところ構築企業側においては、従来の環境マネジメントシステム規格ISO14001対応の感覚では対処できないことが分かりました。即ち現にエネルギー消費をしている個々のプラントにけるエネルギー原単位の整理、ならびにそれらを総合した全工場的なエネルギーバランスの整理、さらに石油、石炭、電力など様々な形のエネルギーの使い分け(最適組合せ)てエネルギー効率を改善する計画が新たに必要です。

―― 今回から、私が解析したISO50001をこのブログに連載して載せることにしました。拙劣な内容ですが、見ていただくと幸いです。

<セミナー開催>
 本件に関して株式会社新技術開発センターにおいて今年の秋、公開セミナーをやります。日時は、2011年11月15日です。場所は、千代田区一番町17-2一番町ビル(東京メトロ半蔵門駅徒歩2分)株式会社新技術開発センター研修室、受講料は一人39,800円です。
受講御希望の方は、株式会社新技術開発センターへ電話で直接お申込みください。電話は、 03-5276-6033です。

あるいは、以下のURLから直接申し込めます。
http://www.techno-con.co.jp/item/17073.html

投稿者: 田邉康雄 日時: 2011年08月30日 14:30 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読