生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 福島原発危機リスクマネジメントISO31000官僚制度(16) | メイン | ★生涯現役エンジニアになろう(8回目)。【8月27日(土)】 13:00~17:00 於新技術開発センター(東京メトロ半蔵門駅徒歩1分)  »

福島原発危機リスクマネジメントISO31000官僚制度(17)

前ブログで官僚制の利点を紹介しました。「一朝事ある際には組織力を発揮する」と。我が国の官僚制は、繰り返しますが、天智天皇以来、天皇制とともに1400年も共に歩んできた、日本国の至宝です。原型は隋唐から導入しましたが、「宦官」と「科挙」は導入せず、日本独自に磨き上げ、日本独自の官僚制度が発達しました。

―― 私の僻目かもしれませんが、この至宝とも言える「官僚」が福島原発危機に際して初動に参加していないような気がします。

「何か起こった際が官僚の腕を発揮するチャンスだ」と言っていた私の父親、朝鮮総督府交通本局(当時の日本の「運輸省+鉄道省」に相当)、釜山地方交通局長(朝鮮半島の略北緯38度線以南の地域を管轄する大局の長)だった田邉多聞が嘆くでしょう。官僚に責任があるのではなくて、官僚に働く場を与えていない政府に責任があるような気がします。

―― 繰り返します。官僚の利点は「組織力」。これは日本国の宝物です。今後も大切にして活用しましょう。

福島原発危機に関連してリスクマネジメントISO31000を説いています。官僚制度に対する批判があるので、官僚を弁護する立場で我が国の官僚制度に関する私見を述べました。これでこの一連のブログは完了します。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2011年07月27日 13:18 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読