生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« ★福島原発事故に見る安全 建災防東京支部北多摩分会主催安全大会 安全講話 【9月16日(金)】15:30~17:00 於立川市女性総合センター(JR立川駅徒歩10分) | メイン | 福島原発危機リスクマネジメントISO31000官僚制度(17) »

福島原発危機リスクマネジメントISO31000官僚制度(16)

前ブログで鉄道の「危機管理」「事業継続計画」のことを紹介しました。

―― 今回地震によってJR東北新幹線の線路が寸断されました。しかし時速300kmで走行していた列車は、一両たりとも脱線していません。原発に対して東電さんは「地震津波は想定外の大きさ」と言っていますが、地震はJR東日本にとっても想定外の大きさだったでしょう。

―― しかしJR東日本は想定外の地震に対して、脱線事故を完璧に回避しました。これは大変大きな実績。日本の新幹線の設計は世界一であることを世界に示した好例であると思います。設計がよかったのです。

―― ところが復旧開通の日に「架線切れ」によって復旧開通できなかったことは痛恨の極み。設計はよかったが、現場がダメだったということでした。危機管理がダメだったということです。事業継続計画の実行段階においてダメだったということ。私の父親が聞いたら嘆いたことでしょう。

福島原発危機に関連してリスクマネジメントISO31000を説いています。官僚制度に対する批判があるので、官僚を弁護する立場で我が国の官僚制度に関する私見を述べています。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2011年07月27日 10:33 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読